ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル・公立校襲撃事件続報》もう一人、犯行教唆の容疑者が浮上=銃を売った容疑者も3人逮捕

《ブラジル・公立校襲撃事件続報》もう一人、犯行教唆の容疑者が浮上=銃を売った容疑者も3人逮捕

事件が発生したサンパウロ州立ラウル・ブラジル校(google street view)

事件が発生したサンパウロ州立ラウル・ブラジル校(google street view)

 先月13日にサンパウロ州スザノ市で発生し、10人の死者を出した公立校襲撃事件を捜査しているサンパウロ州市警とサンパウロ州検察は、17歳の生徒R.M.O.を、襲撃事件をそそのかした共犯として捜査していると、12日付現地紙が報じた。
 これは、捜査の第三弾で、実行犯ではないが、犯行をそそのかし、その後、インターネットなどで事件を称賛している人物らを対象としている。
 実行犯2人をそそのかした人物には、現在少年院に拘置されている17歳の少年がいるが、R.M.O.は、この少年とワッツアップでメッセージを交換していた。
 R.M.O.が書いたメッセージの中で、特に捜査員たちの注意をひいたのは、「学校の食堂で爆弾を爆発させたい」の部分だ。警察に呼ばれて供述したR.M.O.は、襲撃計画にかかわる気は一切なかったとし、メッセージのやりとりを続けたのは、自分を守るためだったとも語っている。警察はR.M.O.が事件後、学校で行われた、次に襲撃が起きた際に備える避難訓練に参加したことを確認し、R.M.O.が共犯だったとの見立てを排除した。
 市警、検察が11日に共同で発表した犯行組織図には、R.M.O.は「共犯者と言えなくはないが、重要度は低い」と記述されていた。検察官のラファエル・ド・ヴァル氏は彼について、「捜査は続けるが、(身柄拘束などは)裁判所に要請していない」と語った。
 市警は、インターネット上で犯行を称賛した人物の身元の割り出しも進めている。モジ市警のジャイール・オルチス警部は、「犯行への関与の度合いが高いか低いかには関わらず、ネットの陰に隠れている人物を無罪放免で逃げおおさせる事は出来ない」と語った。
 捜査の第一段階は、事件を起こした後に現場で自殺したG.T.M.(17)と、彼に撃たれて死亡したルイス・デ・カストロ(25)以外の共犯者を探す事が目的だった。続く第二段階では、G.T.M.らに38口径リボルバーなどを違法に売った人間の割り出しを行った。10日には、スザノ市に住むクリスチアーノ・デ・ソウザ(47)、翌11日にはサンパウロ市でタチアノ・ケイロス、アデイウトン・ドス・サントスの計3人の容疑者が逮捕された。3人は携帯電話やフェイスブックを使ってG.T.M.に銃や銃弾を売った嫌疑がかけられており、殺人罪に問われる可能性が濃厚だ。スザノ市警のアレシャンドレ・ジアス警部は「3人の関係はまだ調査中」と語った。
 また、襲撃事件で命こそとりとめたが、負傷した11人が、11日にスザノ市内の保健所(UBS)で、身体検査と心理状態の検査を受けた。
 サンパウロ州の犯罪被害者センター(Crevi)は、事件発生直後より、遺族や学校の生徒、教職員への心理的サポートを行っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ