ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》地下鉄=「30日にスト」と労組決定=まだ前日に撤回の可能性も

《サンパウロ市》地下鉄=「30日にスト」と労組決定=まだ前日に撤回の可能性も

 サンパウロ市地下鉄公社(メトロ)の労働組合は25日に行われた総会で、週明け30日(火)にストを行うことを決定したと、25日付現地紙サイトが報じた。
 労組側はスト実施の最終決定は29日に下すとしているが、スト決行の場合、青1号線(ジャバクアラ~トゥクルビ間)、緑2号線(ヴィラ・プルデンテ~ヴィラ・マダレーナ間)、赤3号線(パルメイラス・バーラフンダ~コリンチャンス・イタケーラ間)、シルバー15号線(ヴィラ・プルデンテ~ヴィラ・ウニオン間)に影響が出る。
 黄4号線(サンパウロ・モルンビ~ルス間)と藤色5号線(カッポン・レドンド~シャッカラ・クラビン間)は民間企業が運営しているため、対象外だ。
 労組側とメトロはこれまで4回、賃上げ交渉を行ってきたが、合意に至らなかった。
 労組は、「メトロはインフレ分の賃金上昇しか認めず、実質的な賃上げはゼロだ。また、従業員の保健プランも削減した」と述べている。    
 メトロ側はこれに対し、「ストは我々ではなく、労組が決めたものだ。メトロとしては労組の態度を遺憾に思うが、交渉の窓口は常に開かれていることを表明する。また、ストが実施された場合は、サンパウロ市内の交通への影響を最小限に抑え、市民に交通サービスを提供するために必要な全ての措置をとる」との書面を発表した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市=路上生活者が2年間で66%増=失業でやむなくの場合も急増2019年6月25日 サンパウロ市=路上生活者が2年間で66%増=失業でやむなくの場合も急増  サンパウロ市における路上生活者が、2年間で66%と急増傾向にあると、22日付現地紙が報じている。  これはサンパウロ市社会支援局の資料で判明したものだ。それによると、2018年のサンパウロ市内での路上生活者は10万5367人に達したという。  2016年の同調査では6万3 […]
  • サンパウロ市=アニャンガバウーの改修工事再開=セントロ再開発の一環で2019年6月12日 サンパウロ市=アニャンガバウーの改修工事再開=セントロ再開発の一環で  ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長は10日、市中央部(セントロ)ヴァーレ・ド・アニャンガバウーの改修工事を再開すると発表した。11日付現地紙が報じている。  ヴァーレ・ド・アニャンガバウーはセントロの名所の一つで、19世紀から歴史があり、「ヴィラーダ・クウツラル」のメイ […]
  • サンパウロ市俳優殺人事件=殺害容疑者の手配写真=変装を想定して8種類公開2019年6月22日 サンパウロ市俳優殺人事件=殺害容疑者の手配写真=変装を想定して8種類公開  サンパウロ市市警は19日、9日に俳優のラファエル・ミゲルさん(22)とその両親を殺害したパウロ・クペルチーノ・マチアス容疑者(48)が変装して逃亡している可能性を想定した8枚の手配写真を公表した。20日付現地紙が報じている。  マチアス容疑者は、自身の17歳の娘がラファエル […]
  • サンパウロ市=1日平均62人の教職員が休職=ストレス深刻な教育現場2019年6月11日 サンパウロ市=1日平均62人の教職員が休職=ストレス深刻な教育現場  サンパウロ市では昨年、1日平均62人の教職員が、精神的な問題を理由に休職したと、10日付現地紙が報じている。  これは、情報公開法に基づいてサンパウロ市役所の各部局を対象に行った調査で判明したもので、それによると、教育局絡みでは、ストレスや鬱、不安、パニック障害などの精神的 […]
  • サンパウロ州で黄熱病の予防接種=サンパウロ市では麻疹のキャンペーン2019年6月11日 サンパウロ州で黄熱病の予防接種=サンパウロ市では麻疹のキャンペーン  サンパウロ州とサンパウロ市が10日~7月12日の予定で、予防接種キャンペーンを始めた。双方とも、29日(土)が病気撲滅のためのXデー(ポ語ではDia D)で、保健所も8~17時に開業する。  サンパウロ州のキャンペーンの対象は黄熱病だ。州内の黄熱病の予防接種実施率は71・6 […]