ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 本面で報じているように、最高裁のアウレーリオ判事の出した判断は、ブラジルを19日の日中から夜にかけて騒然とさせたが、トフォリ長官が事態を収拾することとなった。皮肉にも、元々、「ルーラ元大統領に最も関係が深い」と言われていたのが同長官で、年齢も最高裁内では下から2番目と若い。16年11月の「2審判決後に刑執行か」の審理の時も、18年4月の「ルーラ氏に人身保護適用か」の審理の時も、実はアウレーリオ判事と同意見の投票を行っている。逆に、アウレーリオ判事は最高裁内で2番目の高齢で、それまでは余り政党寄りの傾向を指摘されていなかった。立場が変わると判断にも影響するものか。
     ◎
 18日夜9時頃、サンパウロ州クバトンで、48歳の軍警、シジネイ・デ・ソウザさん(48)が、近隣住民を強盗から救おうとして殺された。ソウザさんは自宅の車庫に車を入れようとしているとき、近くに住む31歳の男性が強盗に恐喝されている姿を目撃した。ソウザさんは車の中で銃を手にとり、現場に向かおうとしたが、車から降りようとした際に、それに気付いた強盗たちから3発を浴びた。犯人らは逃走中だ。恐喝されていた隣人の息子(4)も近くに居合わせたという。
     ◎
 クリスマスさえ来ていないというのに、巨大人形で知られる北東部のペルナンブッコ州オリンダではもう、カーニバルの準備が進んでいる。中でも、「時の人」を象徴して作る人形では、ボルソナロ次期大統領の巨大人形が完成し、話題となっている。ただ、同州はPT支持者が多いだけに、担ぎ手は「皆から嫌われないか心配だ」と語っているとか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2010年2月20日 東西南北 ニッケイ新聞 2010年2月20日付け […]
  • カーニバルで踏んだり蹴ったりのボルソナロ2019年3月8日 カーニバルで踏んだり蹴ったりのボルソナロ  ブラジルにおけるカーニバルのデスフィーレ(パレード)は、伝統的に社会風刺の場でもある▼これはカーニバルというものの成り立ち上、どうしてもそうなってしまうものだ。元々、カーニバルは黒人起源の祭り。社会的弱者でもある、彼らの見方が優先されるのは自然な流れだ。また一方、デス […]
  • 東西南北2019年2月28日 東西南北  ペルナンブッコ州オリンダのカーニバルは、全国のカーニバルの中でも際立って大きな人形の行進で有名だが、今年は、その人形の中に物議を醸しそうなものがある。それはボルソナロ大統領のものだ。人形は「その時々を象徴する人物」が選ばれる傾向があり、新任大統領は本来なら妥当な選択肢のはずだ […]
  • ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=独断と偏見でボルソナロ新政権占う=期待できるか、2019年!2019年1月9日 ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=独断と偏見でボルソナロ新政権占う=期待できるか、2019年! 【深沢】さてさて、今年も年末座談会の季節がやってきました。  去年末の大統領選挙予想の座談会は、みんな見事に大外しで、ある意味〃的中〃させたのは井戸君だけ(涙)。といっても「最悪の場合それもあり得るのは」というもので、結果的にそれが的中でした。 【井戸】いえ、僕の予 […]
  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]