ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 本面で報じているように、最高裁のアウレーリオ判事の出した判断は、ブラジルを19日の日中から夜にかけて騒然とさせたが、トフォリ長官が事態を収拾することとなった。皮肉にも、元々、「ルーラ元大統領に最も関係が深い」と言われていたのが同長官で、年齢も最高裁内では下から2番目と若い。16年11月の「2審判決後に刑執行か」の審理の時も、18年4月の「ルーラ氏に人身保護適用か」の審理の時も、実はアウレーリオ判事と同意見の投票を行っている。逆に、アウレーリオ判事は最高裁内で2番目の高齢で、それまでは余り政党寄りの傾向を指摘されていなかった。立場が変わると判断にも影響するものか。
     ◎
 18日夜9時頃、サンパウロ州クバトンで、48歳の軍警、シジネイ・デ・ソウザさん(48)が、近隣住民を強盗から救おうとして殺された。ソウザさんは自宅の車庫に車を入れようとしているとき、近くに住む31歳の男性が強盗に恐喝されている姿を目撃した。ソウザさんは車の中で銃を手にとり、現場に向かおうとしたが、車から降りようとした際に、それに気付いた強盗たちから3発を浴びた。犯人らは逃走中だ。恐喝されていた隣人の息子(4)も近くに居合わせたという。
     ◎
 クリスマスさえ来ていないというのに、巨大人形で知られる北東部のペルナンブッコ州オリンダではもう、カーニバルの準備が進んでいる。中でも、「時の人」を象徴して作る人形では、ボウソナロ次期大統領の巨大人形が完成し、話題となっている。ただ、同州はPT支持者が多いだけに、担ぎ手は「皆から嫌われないか心配だ」と語っているとか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年1月17日 東西南北  昨日の話題は、本面でも報じている、ボウソナロ大統領が出した銃規制緩和の大統領令一色となっている。国民の間で議論が尽きない話題ではあるが、それとは関係なしに気になったのが、大統領が同令に署名する際に使ったボールペンだ。これは「BIC」社のもので、国内であればどこの文房具店でもか […]
  • 東西南北2019年1月15日 東西南北  ボウソナロ大統領の長男でリオ州議のフラヴィオ氏(2月から上議)の「疑惑の職員」と騒がれている、ファブリシオ・デ・ケイロス氏はつい先日、癌の手術で入院していたサンパウロ市アルベルト・アインシュタイン病院を退院した。だが、その直後に、入院中に妻や娘たちと元気にサンバを踊っていた動 […]
  • 東西南北2019年1月16日 東西南北  米国のトランプ大統領が14日、ボウソナロ大統領をほめた。トランプ氏はニュー・オーリーンズでの全米農業機構会議での演説で、「03年のブラジルとの貿易関係活性化以来、初めて、ブラジルに牛肉が売れた。あの国には今、いい大統領がいる。なんでもあの国の人々は彼を〃南米のトランプ〃と呼ん […]
  • 東西南北2019年1月11日 東西南北  9日付本面で、ボウソナロ大統領が圧力をかけた形で、国立再生可能天然資源環境院(IBAMA)のスエリ・アラウージョ院長が辞任したという話を書いたが、そのIBAMAが9日、2012年に自然保護区で釣りを行ったことでボウソナロ大統領に課していた罰金1万レアルを帳消しにした。IBAM […]
  • 東西南北2019年1月12日 東西南北  11日、陸軍総司令官のエドゥアルド・ヴィラス・ボアス氏の退任式とエジソン・レアル・プジョル氏への引継式が行われた。ボアス氏は、まだジウマ政権だった2015年に陸軍総司令官に就任。ジウマ氏の大統領罷免後も、テメル政権を経て、ボウソナロ政権成立に至るまでの激動期に陸軍総司令官を務 […]