ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ボルソナロ大統領が「農地内への不法侵入者への発砲は無罪」としたいと発言して物議を醸しているが、日本人としてはこれを聞くと、1992年に大きな波紋を呼んだ、米国での「日本人留学生殺人事件」を思い出してしまう。これは当時高校生だった日本の交換留学生がルイジアナ州でのハロウィン・パーティの訪問先を間違え、入り口で迷っている間に殺された事件だ。本件の被告は最終的に刑事裁判で逆転有罪となったが、民事裁判では「家宅侵入」が有効とみなされたのか、無罪判決となった。ボルソナロ大統領の主張だと、こういう場合も正当防衛が認められてしまいそうで気になるのだが。
     ◎
 4月のサンパウロ州の主要水系の降水量は、コチア水系以外は全て100ミリを超しており、雨季を終えた後とは思えない雨の降り方だった。156ミリと、3月の降水量並みに降ったカンタレイラ水系は、4月30日午前9時の時点で58・7%まで水位が上昇。アウト・チエテやグアラピランガでも、ここ数年到達したことのない93%という水位にまで達している。ただ、本日付本面で報じた海での事故のようなものは、もう、そろそろ勘弁してもらいたいが。
     ◎
 今日1日は、「労働者の日」で祝日となる。週の半ばの休日なので、連休のときのように公共機関の対応時間が極端に変わることはないが、車のロディージオ(ナンバープレート末尾番号による乗り入れ規制)は行われないのでご注意を。また、水曜日ということで、今日はサッカーの全国選手権の試合も多く開催される。サンパウロ市を本拠とするコリンチャンス、パルメイラス、サンパウロはいずれも今日、試合に臨む。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 東西南北2020年9月18日 東西南北  投票日まで2カ月を切り、そろそろ、サンパウロ市市長選のことが気になりはじめる頃だ。フォーリャ紙によると、現職のブルーノ・コーヴァス市長は、最大のライバルになると目されているセウソ・ルッソマノ氏に関して、ボルソナロ大統領に支持してもらった方がむしろ助かると考えているという。それ […]
  • 東西南北2020年9月4日 東西南北  ネット調査団体「GPSイデオロジコ」の調査によると、1年前は極右よりだったツイッター上の政治に関するインフルエンサー(意見が影響力を持つ人)が、中道寄りにシフトしてきているという。その現象は、ジョイセ・ハッセルマン下議やウィルソン・ヴィッツェル・リオ州知事といった、ボルソナロ […]
  • 東西南北2020年8月26日 東西南北  25日午前、ツイッター上では「マジュ・メンチローザ」のハッシュタグが大量に上がった。それは、グローボ局の昼ニュース「ジョルナル・オージ」で「ブラジルで11万7千人が亡くなっているときにボルソナロ大統領は『コロナに勝ったブラジル』というイベントに参加していた」と報じたことをボル […]
  • 東西南北2020年8月15日 東西南北  ダッタフォーリャの最新の世論調査が発表され、ボルソナロ政権への支持率が37%に上がり、不支持率が46%から34%に下がった。前回の調査は6月20日だったが、その間に何があったかと言えば、大統領自身のコロナウイルス感染による隔離が2週間ほどあったこと。それに加えて、罷免を恐れて […]