ホーム | ブラジル国内ニュース | イルマン・ドゥウセが聖人に=ブラジルの女性聖職者では初

イルマン・ドゥウセが聖人に=ブラジルの女性聖職者では初

 20世紀のブラジルでもっとも有名な聖職者の1人でもある修道女のイルマン・ドゥウセ(1914―1992)が、バチカン市国からブラジル人女性としては初めての「聖人」に認められた。15日付ブラジル国内紙が報じている。
 聖人に認められるためには、福者に認定された時以外の「奇跡の逸話」が必要となる。
 イルマン・ドゥウセの場合は、「結膜炎で痛みと共に失明し、14年間も苦しんでいた患者が、彼女の名によって祈ったところ、その翌日、目覚めた時から目が見えるようになっていた」との実話が奇跡と認定された。
 この患者は50代の男性で、ドゥウセの拠点であったバイア州とサンパウロ州、さらにローマの医師たちによる診断も受けた。医師たちが「科学的な根拠が見当たらない」とし、奇跡として認定したことで聖人化につながった。
 死後27年での聖人化は、ローマ法王ヨハネ・パウロ2世の9年、マザー・テレサの19年に次ぐ、世界歴代3位という異例の早さだ。
 ドゥウセは、その一生をバイア州サルバドールの教会での貧者救済に捧げたことで知られ、彼女の名を冠した非営利福祉団体「オブラス・ソシアイス・イルマン・ドゥウセ」は26日に設立60周年の記念日を迎える。
 サルバドール司教区のムリーロ・クリエジェル大司教によると、法王が枢機卿たちを集め、新たに聖人と認定されたことを宣言する式典が7月に開催されるはずで、その時点で正式に聖人と呼ばれるようになるという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ゲイパレードも延期=コロナ封鎖目前のサンパウロで2020年3月21日 ゲイパレードも延期=コロナ封鎖目前のサンパウロで  新型コロナウイルスの流行で、大きなイベントが続々と、中止や延期となっているが、「南米最大規模」のゲイパレードも11月への延期を発表した。  サンパウロのパウリスタ大通りで毎年6月に開催されているゲイパレードは、南米では最大規模と言われ、毎年、入場者数の記録を更新していたが、 […]
  • サンパウロ州も非常事態宣言=公園やポウパテンポが閉鎖2020年3月21日 サンパウロ州も非常事態宣言=公園やポウパテンポが閉鎖  サンパウロ州のジョアン・ドリア知事は20日、同州の非常事態宣言を行い、今日21日から正式に有効にするとした。20日付現地サイトが報じている。  ドリア知事は20日、バンデイランテス宮で記者会見を行い、今回の宣言は州民にパニックを起こさせるためのものではなく、州や州内645の […]
  • 《ブラジル》コロナショックで調査に影響=訪問調査、現場調査を中断2020年3月21日 《ブラジル》コロナショックで調査に影響=訪問調査、現場調査を中断  【既報関連】ブラジルでは、コロナウイルスによる災禍拡大で、人ごみや外出を避けるようにと推奨されているため、ブラジル地理統計院(IBGE)は、労働市場調査、全国家庭サンプル調査(Pnad)の訪問調査と、広範囲消費者物価指数(IPCA)算出のための価格の現場調査を一時停止した。2 […]
  • 大統領三男がまた問題発言=コロナは中国の陰謀論語る2020年3月20日 大統領三男がまた問題発言=コロナは中国の陰謀論語る  大統領三男のエドゥアルド・ボウソナロ下議がコロナウイルスに関して行ったツイートが中国大使館を怒らせ、外交問題を懸念させるものになっていると、19日付ブラジル国内紙、サイトが報じている。  エドァウルド氏は18日、コロナウイルスの感染拡大に関して、1986年のソ連(当時)での […]
  • 《サンパウロ市》血液不足で血液センターが危険な状態に=コロナウイルス感染恐れ、外出避けた影響で2020年3月20日 《サンパウロ市》血液不足で血液センターが危険な状態に=コロナウイルス感染恐れ、外出避けた影響で  新型コロナウイルスの拡散を防ぐため、ブラジル国内でも外出を避け、自宅にとどまることが推奨されている中、サンパウロ病院とIBCC腫瘍学センターでは、輸血用の血液のストック量が減り、18日には「危険な状態」とされるレベルに達した。医療機関によると、外出を避けるように周知されている […]