ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サッカー》コパアメリカのセレソン主将はダニ・アウヴェス=唯一の2007年優勝経験者

《サッカー》コパアメリカのセレソン主将はダニ・アウヴェス=唯一の2007年優勝経験者

豊富な経験でチームを引っ張ることを期待されるダニ・アウヴェス(Lucas Figueiredo/CBF)

豊富な経験でチームを引っ張ることを期待されるダニ・アウヴェス(Lucas Figueiredo/CBF)

 6月14日に開幕するコパアメリカまであと19日余り、ブラジル代表(セレソン)のチッチ監督は、ベテラン右サイドバックのダニ・アウヴェスを6月5、9日の親善試合と、コパアメリカ本番でのキャプテンに選んだ。
 36歳のダニ・アウヴェスは今回の召集メンバー23人の内で最多の代表出場試合数(138)を誇り、ブラジルが最後にコパアメリカで優勝した2007年もメンバー入りしていた。また、ダニ・アウヴェスは2009年と2013年のコンフェデ杯でも優勝を経験している。
 ブラジルサッカー連盟(CBF)によると、ダニ・アウヴェスが最後にキャプテンを務めたのは2018年3月の親善試合の対ドイツ戦だ。この試合は彼にとっても、セレソンとしての最後の試合出場だった。(ダニ・アウヴェスは同年6月のロシアW杯のメンバー入りが有力視されていたが、直前に負傷し、メンバーから外された)
 なお、ファンへの暴行騒動で、一部の関係者からは、キャプテンはおろか、代表メンバーへの選出にさえ疑問の声が上がったネイマールは、25日から合宿入りしている。
 ネイマールからのキャプテン剥奪となった今回の決定だが、チッチ監督はもちろん、ダニ・アウヴェスもネイマールもその件に関するコメントを出していない。(28日付アジェンシア・ブラジルより)

image_print

こちらの記事もどうぞ