東西南北

 26日のデモで国民が金融活動管理審議会(COAF)をセルジオ・モロ法相の下に戻すよう訴えたため、上院が国民の支持するように変えようとしていたタイミングで、当のボルソナロ大統領が「変えてくれるな」との要求を行った。もっとも、同件は他の法案とセットになっているもので、それら全体の承認の締切もあるので大統領の立場もわかる。だが、デモに参加した人たちにとって、COAFの問題は極めて大きく、モロ氏への好感度も手伝い、わかりやすい問題でもあった。今回のデモを支持していた人たちの間では、「あれ? 一体どうなってるの?」と、戸惑う人が少なくないかも。
     ◎
 サンパウロ州は27日、地下鉄の新駅の工事をはじめることを発表した。その駅はサンパウロ市南東部へと延びるモノレール15号線のジャルジン・コロニアル駅で、現時点ではこれが同線の東側の終点となる。州は2年間での完成を目指しており、これが落成すれば、現在並行して工事中のほかの4駅と合わせて、14・6キロ分、路線が延長されることになる。また、州政府はこれと合わせて、地下鉄6号線とモノレール線17号線の工事を再開したことも発表した。
     ◎
 あと2週もすれば、自国開催となるサッカーのコパ・アメリカが始まる中、国内サッカーはその直前まで試合がある。今週もブラジル杯はベスト16の試合が行われ、サンパウロが今日、敵地でバイアと、パルメイラスが明日、本拠地アリアンツ・パルケでサンパイオ・コレアと対戦。前戦同カードで敗れたサンパウロは、この試合で挽回する必要がある。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月18日 東西南北  投票日まで2カ月を切り、そろそろ、サンパウロ市市長選のことが気になりはじめる頃だ。フォーリャ紙によると、現職のブルーノ・コーヴァス市長は、最大のライバルになると目されているセウソ・ルッソマノ氏に関して、ボルソナロ大統領に支持してもらった方がむしろ助かると考えているという。それ […]
  • 東西南北2020年9月4日 東西南北  ネット調査団体「GPSイデオロジコ」の調査によると、1年前は極右よりだったツイッター上の政治に関するインフルエンサー(意見が影響力を持つ人)が、中道寄りにシフトしてきているという。その現象は、ジョイセ・ハッセルマン下議やウィルソン・ヴィッツェル・リオ州知事といった、ボルソナロ […]
  • 《サンパウロ》反ファシズムデモで大混乱=過激化した大統領親派が乱入=「まるで台頭期のヒトラー」2020年6月2日 《サンパウロ》反ファシズムデモで大混乱=過激化した大統領親派が乱入=「まるで台頭期のヒトラー」  5月31日、サンパウロ市パウリスタ大通りで反ファシズムを訴える平和的なデモ行進が行われたが、ボルソナロ大統領支持派の乱入により、大混乱が生じた。このところ、ボルソナロ大統領やフェイクニュース(FN)捜査の対象となった人物による、ファシズム、ナチス的な挑発的行為が相次い […]
  • 東西南北2019年10月16日 東西南北  15日のPSL党首ルシアノ・ビヴァール氏への連警による家宅捜査は、同氏とボルソナロ大統領の仲を決定的に引き裂く原因になりかねない。一部情報によると、大統領長男のフラヴィオ上議、三男のエドゥアルド下議がボルソナロ氏のPSL残留に向けて工作をはじめているなどの報道もあった矢先。政 […]
  • 東西南北2019年4月30日 東西南北  交通違反をチェックするためのレーダーの多くを国道から撤去しようと試みたり、自動車免許証の免停基準を緩くさせようとしたりしているボルソナロ大統領だが、このほど、ボルソナロ一家には過去5年間で40を超える交通違反があることが判明した。違反件数は長男フラヴィオ氏の15を筆頭に、三男 […]