ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 2日付エスタード紙が、イデイア・ビッグ・データという調査機関が5月に行った際のボルソナロ大統領の支持率調査に関する詳細を報じている。その調査では、同大統領への不支持率が36%で、支持率の31%(1月は49%あった)を上回ったが、その理由としては「25~40歳」「女性」「B~Cクラスの所得層」「人口20万人以上の市民」そして「大統領選で決選投票のみ、ボルソナロ氏に票を投じた人」の間で支持率が落ちているという。経済悪化や長男フラヴィオ氏の汚職疑惑、その他に「いつまでも大統領候補者気分が抜けないのにウンザリ」などの声もあるという。この後、果たして巻き返せるか。
     ◎
 5月31日、民主社会党(PSDB)の党大会が行われ、テメル政権で都市相をつとめたブルーノ・アラウージョ氏が新党首に選ばれた。アラウージョ氏は現在46歳で、党内では「黒髪派」と呼ばれる若いグループを率い、サンパウロ州知事のジョアン・ドリア氏にも近い人脈だ。事前には、22年の大統領候補が有力視されているドリア氏が党首にとの噂があったが、入党が3年前と日の浅いドリア氏に対しては党の古株の反発が強かったので、バランスとしては良かったか。
     ◎
 サッカー界は、他の試合結果のことが吹き飛んでしまうほど、ネイマールの強姦疑惑のショックが襲っている。クラブのシーズン中ならまだしも、コパ・アメリカのような大きな大会目前で、しかも4月末にはファンに手を挙げる騒動を起こし、処分待ちの状況でこれとは。厳しい国なら代表辞退もありうるところだが、果たして。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年10月23日 東西南北  昨日付で報じたチリでの反政府デモはまだ収束に向かわずに継続。22日現在の死者は15人に増えている。この状況に関し、日本滞在中のボルソナロ大統領は、「チリがこのような状況になった背景には、ピノチェト軍事政権が終わったことがある」と発言し、問題となっている。かねてから同国の独裁者 […]
  • 東西南北2019年10月15日 東西南北  13日に行われたイルマン・ドゥウセの列聖式は、彼女が生前から有名人で国民にもなじみのあったことや、「ブラジル人最初の女性聖人」「歴史上、世界で3番目に早い聖人化」など話題性も大きかったことから大きく報じられた。ただ、宗教の宗派が違うと扱い方も異なるもので、福音派のウニベルサル […]
  • 東西南北2019年9月10日 東西南北  7日の独立記念日にはブラジリアでも恒例の式典が行われ、ボルソナロ大統領がミシェレ夫人とラウラちゃん(8)と共に出席。ラウラちゃんの公式行事参加は初めてだった。傍には、ウニベルサル教会のエジル・マセド司教やブラジル屈指の大富豪として知られる名司会者でSBT局社主のシルヴィオ・サ […]
  • 東西南北2019年9月3日 東西南北  ダッタフォーリャでの最新の世論調査の結果が良くなかったボルソナロ大統領だが、同調査でもう一つ、同氏にとってショックな結果が出ている。それは、もし今、大統領選が行われていたとしたら、昨年10月に大統領選の決選投票を争ったフェルナンド・ハダジ氏(労働者党・PT)に36%対42%で […]
  • 東西南北2019年6月25日 東西南北  サッカーの女子W杯でブラジル代表は敗退してしまったが、男子代表は22日、コパ・アメリカで無難に決勝トーナメント進出を決めた。この日のペルー戦では、前試合のベネズエラ戦でゴールを3本無効にされた挙句に引き分け、散々批判されたうっぷんを晴らすかのように、前半から攻めに攻め、終わっ […]