ホーム | 特集 | 日本移民の日2019年 | 【日本移民の日2019】「日本移民の日」に寄せて=内閣総理大臣 安倍晋三

【日本移民の日2019】「日本移民の日」に寄せて=内閣総理大臣 安倍晋三

安倍内閣総理大臣(内閣府提供)

安倍内閣総理大臣(内閣府提供)

 本日,ブラジルにおいて「日本移民の日」を迎えるに当たり,日系社会の皆様に心からお喜び申し上げます。
 1908年に笠戸丸がサントス港に到着して以来,日本から多くの方々がブラジルへ移住され,並々ならぬ努力を重ねられ,地域や国の発展に貢献されてきました。ブラジルは海外で最大の日系社会を有するまでになり,日本に対する強い信頼がブラジル社会全体に深く根を下ろしています。先人の精神を受け継ぎ,二世,三世,そして新世代の日系人の皆様が,ブラジル人としてブラジル社会でご活躍されていることに改めて敬意を表します。
 日本では,本年5月1日に,天皇陛下が御即位され,「令和」の新たな時代が始まりました。10月22日には,世界中の各国の代表者が集まり,陛下の御即位をお祝いする「即位礼正殿の儀」が執り行われます。希望に満ち溢れた新しい時代を,皆様と共に切り拓いていきたいと思います。
  去る1月には,スイスのダボスにて,就任されたばかりのボルソナーロ大統領と首脳会談を行いました。私から,日ブラジル関係における日系社会の重要性について述べた際,ボルソナーロ大統領から日系社会に対する親近感が表明され,皆様が両国の友好関係の架け橋となられていることを実感しました。今月開催されるG20大阪サミットでも,その成功に向けてブラジルと緊密に協力していきたいと考えています。
 最後に,日本人移住者と日系人の皆様の今後のますますの御活躍,ブラジルにおける日系社会の更なる御発展を心から祈念し,私のお祝いのメッセージとさせていただきます。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》外出自粛規制が7地区で降格・厳格化=マリリアは最低レベルに2021年1月16日 《サンパウロ州》外出自粛規制が7地区で降格・厳格化=マリリアは最低レベルに  15日、サンパウロ州保健局が前回から1週間という異例の早さでコロナウイルスの外出自粛規制の見直しを行い、1地区が5段階中最下位の赤レベル、7地区が下から2番目のオレンジ・レベルに落ちて厳しくなった。大サンパウロ市圏は変わらず黄レベル(3番目)だった。15日付現地サイト […]
  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]
  • 東西南北2021年1月15日 東西南北  13日に行われたリベルタドーレス杯準決勝第2試合で、サントスは本拠地の利をいかんなく発揮し、アルゼンチンの強豪ボカ・ジュニオルズに3―0で圧勝。第1試合が引き分けだったため、これで決勝に進出することが決まった。ボカはチームの功労者で昨年11月に急死したばかりのマラドーナに優勝 […]
  • 特別寄稿=まぼろしの『十九の春』=聖市在住 醍醐麻沙夫2021年1月15日 特別寄稿=まぼろしの『十九の春』=聖市在住 醍醐麻沙夫 「私があなたに惚れたのは、ちょうど十九の春でした。いまさら離縁というならば、もとの十九にしておくれ」  これは安里屋(あさとや)ユンタなどと並んで最も知られている沖縄の歌「十九の春」の最初の歌詞です。  もとの十九にしておくれ、と言われてもかなり困るけど、彼女の […]
  • 東西南北2021年1月13日 東西南北  サンパウロ市ブタンタン研究所が8日に国家衛生監督庁(ANVISA)に緊急使用許可申請をした。これで、新型コロナウイルスのワクチン「コロナバック」の接種が、サンパウロ州が予定しているように1月25日から開始されることが現実味を帯びてきている。そんな中、「誰が最初にコロナバックの […]