ホーム | 特集 | 日本移民の日2019年 | 【日本移民の日2019】着々と増える剣士の人口=大人中心、インテリのスポーツ

【日本移民の日2019】着々と増える剣士の人口=大人中心、インテリのスポーツ

蛯原忠雄さん

蛯原忠雄さん

 蛯原さんは「6年前は780人、現在は900人が剣士として登録されている。7割が日系人、200人は女性です」との内訳を説明する。
 「全体の7割は今でもサンパウロ州ですが、最近一番勢いがあるのはマット・グロッソ州都クイアバ。ブラジル人教師が生徒5、6人から道場を始めて、今は60人もいます。一人も日系人はいません。あとノルデスチ、ノルチも頑張っている」とのこと。
 剣士の年代は、「40代がけっこう多い。ブラジルではサムライのイメージからか、弁護士とか医者、エンジニアとかインテリ階級のスポーツだと思われている。彼らが子どもを連れてくるので、10代も多いが、大学受験を前に辞めていく人が大半。でも40代を過ぎて、管理職になるとまた剣道にもどってきたりします」という傾向があると言う。
 剣道をやるメリットを尋ねると、「まず姿勢が良くなる。あと集中力が増す。動体視力が必要なので、反応が早くなる。その結果、脳の働きが活性化すると言われています」と説明した。
 世界におけるブラジルの強さを聞くと、「トップは日本と韓国、その次のグループにブラジル、アメリカ、カナダ、台湾などがある。だいたい世界ベスト8位に入ります」とのこと。
 文化祭りの来場者の半分以上はブラジル人であり、剣道のデモンストレーションに興味を持って参加する人も。ミニスカート姿で竹刀を握って、果敢に切り込んでいた若いブラジル人女性がいたので、話を聞いてみた。

剣道を初めて体験したイザベリ・アンジョスさん

剣道を初めて体験したイザベリ・アンジョスさん

 イザベリ・アンジョスさん(19、グアルーリョス市在住)は「私は普段ムエタイ(タイ式ボクシング)をやっているの。もともと武道に興味があったので、参加してみた。初めてやってみたけど、剣道って面白い。だいたい普通、棒で相手を叩くっていう経験をしたことがない。ムエタイとも距離感が違う。前から興味があったので、ちょうど良かった」と気持ちよさそうに汗をぬぐった。

文化祭りの剣道ワークショップで

文化祭りの剣道ワークショップで

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 特集=文協とCIATE共催=「在日ブラジル人30周年」ライブ=日伯の人的交流を底支え=両国で活躍する新世代紹介=文協65周年、外交125周年2020年11月13日 特集=文協とCIATE共催=「在日ブラジル人30周年」ライブ=日伯の人的交流を底支え=両国で活躍する新世代紹介=文協65周年、外交125周年  ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)のネットワーク・プロジェクト委員会と国外就労情報援護センター(CIATE、二宮正人理事長)が11月6日、7日、8日に「在日ブラジル人30周年」を記念し、日本での就労や教育、帰伯後のことなど、様々なテーマに焦点を当てたディスカッションを […]
  • 東西南北2020年11月7日 東西南北  米国大統領選はジョー・バイデン氏が選挙人の過半数を獲得との見通しが強まったが、それを認めたくないトランプ大統領の抵抗ぶりが国際的にも大きな話題となった。5日夜には「バイデン氏側に明らかな不正がある」と記者会見を開き、「正当な票だけなら楽勝」と語ったものの、米国の3大テレビ局は […]
  • 《ブラジル》新たに3市がメトロポリスに=カンピーナスは州都以外で初の快挙2020年6月27日 《ブラジル》新たに3市がメトロポリスに=カンピーナスは州都以外で初の快挙  ブラジル地理統計院(IBGE)が25日、エスピリトサント州ヴィトリア、サンタカタリーナ州フロリアノポリス、サンパウロ州カンピーナスの3市をメトロポリスに認定したと発表した。  メトロポリスとは、国や大きな地方における経済・文化の中心で、国際的な連携のハブとなるような […]
  • 記者コラム「樹海」=外出自粛でも2週間で抗体所持率50%増の現実2020年6月16日 記者コラム「樹海」=外出自粛でも2週間で抗体所持率50%増の現実 「時間を稼げば良いのだ、と少し気が楽になりました」との読者の声  先週の記者コラム「樹海」《これからが危ない感染ピーク/でも年末にはコロナフリー?!》を読んだアマゾナス州マナウス市在住の読者からメールで、《この感染爆発中の中で、時折気がくじけそうにもなるのですが、科学 […]
  • へき地医療の実情など視察=慶応医学部第42次派遣団2019年8月23日 へき地医療の実情など視察=慶応医学部第42次派遣団  慶応義塾大学医学部国際医学研究会(IMA)の「第42次派遣団」が今年も来伯、3人の学生が6年生の夏休みを利用し、マナウス、クイアバ、ドウラードス、サンパウロ市、ポルト・アレグレなどで7月14日から8月17日まで医療研修を行い、16日に来社して報告した。  学生責任者 […]