ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》モロ法相が上院で疑惑の釈明行う=カルドーゾ元大統領に関する疑惑あがる中=「漏洩情報は違法」を強調=漏れた内容は否定できず

《ブラジル》モロ法相が上院で疑惑の釈明行う=カルドーゾ元大統領に関する疑惑あがる中=「漏洩情報は違法」を強調=漏れた内容は否定できず

19日の上院でのモロ法相(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)

19日の上院でのモロ法相(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)

 19日、セルジオ・モロ法相は、9日から続くサイト「ジ・インターセプト・ブラジル」によるラヴァ・ジャット(LJ)作戦担当判事時代の疑惑について、上院憲政委員会(CCJ)での質疑に応じた。モロ氏は「ハッカーの目的は、明らかにLJ作戦への攻撃だ」として証拠の無効を訴えたが、同時に、その中身については「覚えていない。言ったかもしれないが、内容が変えられているかもしれない」との曖昧な答弁も行った。19日付現地サイトが報じている。

 上院CCJでの質疑に先立ち、インターセプトは18日、モロ氏に関する新たな暴露報道を行った。それは2017年4月13日に、モロ氏がLJ捜査官デウタン・ダラグノル氏との会話の中で、カルドーゾ元大統領(民主社会党・PSDB)に隠し口座の疑惑が浮上したことについて捜査するか否かの話になった際、ダラグノル氏が「一応、サンパウロ州支部には要請を行った」と発言したのに対し、「大事な支持を頂いている方に対してそのようなことをするのはどうかと」と答えていた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ