ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》モロ法相=ルーラ裁判でさらなる疑惑=公判への捜査官選出に影響力=LJ斑は会話内容削除も=「過ちあれば辞任」宣言の翌日

《ブラジル》モロ法相=ルーラ裁判でさらなる疑惑=公判への捜査官選出に影響力=LJ斑は会話内容削除も=「過ちあれば辞任」宣言の翌日

19日のモロ氏(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)

19日のモロ氏(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)

 19日に上院憲政委員会での質疑に答え、「自分に誤りがあれば辞職する」と言い切ったセルジオ・モロ法相だったが、20日のラジオ番組が、サイト「ジ・インターセプト・ブラジル」が新たに公開した情報を基に、ルーラ元大統領のパラナ州連邦地裁での裁判に先立つ、2017年3月の交信で、原告側の女性捜査官ラウラ・テスレル氏の交代に関して、上院での応答と矛盾があることを指摘した。21日付現地紙が報じている。

 20日付本面でも報じたように、モロ法相は、インターセプトの報道を「ハッカーによる違法なもの」として正当性を認めず、「自分に誤りがあれば辞める」とまで発言した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ