ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=路上生活者が2年間で66%増=失業でやむなくの場合も急増

サンパウロ市=路上生活者が2年間で66%増=失業でやむなくの場合も急増

 サンパウロ市における路上生活者が、2年間で66%と急増傾向にあると、22日付現地紙が報じている。
 これはサンパウロ市社会支援局の資料で判明したものだ。それによると、2018年のサンパウロ市内での路上生活者は10万5367人に達したという。
 2016年の同調査では6万3264人だったので、2年で66%増えていることになる。2010年の調査では2万3365人だった。
 その内訳を見てみると、調べのついた路上生活者の内、1万9974人まではサンパウロ州出身者だが、バイア州など、北東部から来た人も相当数いることもわかった。外国人も266人いたという。
 路上生活に転じた理由としては「失業」がトップだったが、この数が1万4866人と、6011人だった前年の2・5倍近くまで増えているのは気がかりなところだ。
 2位は「家族との争い」が1万2617人で、「薬物中毒」(5121人)、「アルコール中毒」(3747人)と続いている。
 路上生活者の多い通りとしては、市北部マルジナル・チエテに近いクルゼイロ・ド・スル大通りが6895人で最も多いが、セントロのカンポス・エリーゼオス区やセー区のように、そうした通りが密集していることで有名な地域もある。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き2021年6月24日 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き  【既報関連】サンパウロ市での新型コロナワクチンの接種中止は22日のみで、23日は正常化した。だが、6州の州都ではワクチンの補填が間に合わず、23日の接種を一部または全面的に中止したと同日付現地サイトが報じた。  同日朝の時点では、バイア州サルバドールが初回と2回目、 […]
  • 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う2021年6月23日 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う  ボルソナロ大統領は21日、サンパウロ州で女性のテレビ・レポーターに対してマスクをとって「黙れ!」「これで満足か」などと暴言を吐き、女性蔑視ならびにジャーナリストへの恫喝行為として批判を浴びた。22日付現地紙が報じている。  問題の行為は21日、サンパウロ州グアランチ […]
  • 《ブラジル》病的連続殺害犯が逃亡潜伏=2週間も恐怖に怯える住民2021年6月22日 《ブラジル》病的連続殺害犯が逃亡潜伏=2週間も恐怖に怯える住民  6月9日に連邦直轄区(DF)で起きた一家4人殺害事件の犯人がゴイアス州コカルジーニョ・デ・ゴイアス付近に逃げ込み、数百人規模の警官が捜索を続けているが、21日も逃亡中と9、15~21日付現地紙、サイトが報じている。  9日の事件は、DFセイランジアに住む48歳の男性 […]
  • 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝2021年6月19日 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝  ブラジルで現在開催中のコパ・アメリカで、選手、関係者のコロナウイルス感染が続いている。その最中にブラジル代表(セレソン)は、ペルーを相手に4―0で快勝し、2連勝を飾った。17、18日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル保健省が17日付で発表したところによると、同大会に […]
  • 東西南北2021年6月19日 東西南北  先月29日に行われたボルソナロ大統領に対する全国的な抗議デモが記憶に新しい中、今日19日は2回目の大統領抗議デモが行われる。今回のデモには政治家も参加を検討していると報じられており、ルーラ元大統領の動向も注目されている。これまで報じられているところから察するに、ルーラ氏は「参 […]