ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=路上生活者が2年間で66%増=失業でやむなくの場合も急増

サンパウロ市=路上生活者が2年間で66%増=失業でやむなくの場合も急増

 サンパウロ市における路上生活者が、2年間で66%と急増傾向にあると、22日付現地紙が報じている。
 これはサンパウロ市社会支援局の資料で判明したものだ。それによると、2018年のサンパウロ市内での路上生活者は10万5367人に達したという。
 2016年の同調査では6万3264人だったので、2年で66%増えていることになる。2010年の調査では2万3365人だった。
 その内訳を見てみると、調べのついた路上生活者の内、1万9974人まではサンパウロ州出身者だが、バイア州など、北東部から来た人も相当数いることもわかった。外国人も266人いたという。
 路上生活に転じた理由としては「失業」がトップだったが、この数が1万4866人と、6011人だった前年の2・5倍近くまで増えているのは気がかりなところだ。
 2位は「家族との争い」が1万2617人で、「薬物中毒」(5121人)、「アルコール中毒」(3747人)と続いている。
 路上生活者の多い通りとしては、市北部マルジナル・チエテに近いクルゼイロ・ド・スル大通りが6895人で最も多いが、セントロのカンポス・エリーゼオス区やセー区のように、そうした通りが密集していることで有名な地域もある。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ州知事、ピニェイロス川浄化計画を発表=120万㎥の滞留物を除去2019年7月16日 サンパウロ州知事、ピニェイロス川浄化計画を発表=120万㎥の滞留物を除去  ジョアン・ドリア、サンパウロ州知事は12日、サンパウロ市西部を流れるピニェイロス川の浄化計画を発表した。13日付現地紙が報じた。  同知事は、2022年までに、徹底したピニェイロス川浄化作戦を実施すると選挙中に公約していた。  具体的な内容は、今後12カ月以内に7050万 […]
  • 《サンパウロ州》一家3人が一酸化炭素中毒死?=暖をとろうとBBQ器具に火2019年7月11日 《サンパウロ州》一家3人が一酸化炭素中毒死?=暖をとろうとBBQ器具に火  サンパウロ市に隣接するグアルーリョス市で10日の午前0時、家屋の中で、父、母、2歳の男の子の一家3人が死亡しているのが見つかった。同日付現地各サイトが報じている。   3人の遺体が見つかった部屋からは、シュラスコ(バーベキュー)を行うための器具(シュラスケイラ、持ち運び可能 […]
  • サンパウロ州=麻疹患者が1カ月で4倍に=新たに5市で予防接種開始2019年7月12日 サンパウロ州=麻疹患者が1カ月で4倍に=新たに5市で予防接種開始  サンパウロ州の麻疹(はしか)患者がわずか1カ月で303%も増え、サンパウロ大都市圏では11日から新たに5市が予防接種キャンペーンを開始と11日付G1サイトなどが報じた。  サンパウロ州保健局が7日に発表したところによると、麻疹の真性患者(本当に感染していると確認された患者) […]
  • 《サンパウロ州》ドリア知事がABCへのモノレール断念=代わりに高速バスで対処か2019年7月5日 《サンパウロ州》ドリア知事がABCへのモノレール断念=代わりに高速バスで対処か  サンパウロ州のジョアン・ドリア知事は3日、サンパウロ大都市圏のABC地区にモノレール線を建設する計画を諦め、代替案としてBRT(高速バス)を走らせると発表した。4日付現地紙が報じている。  ABC地区へのモノレール線(モノレール線18号)建設計画は2009年に浮上。計画上で […]
  • 《サンパウロ市》PUCの校舎内で殺人事件=元学生と門番が口論の末2019年7月6日 《サンパウロ市》PUCの校舎内で殺人事件=元学生と門番が口論の末  サンパウロ市のカトリック総合大学(PUC)のキャンパスで4日、同大卒業生が刃物で刺されて死亡する事件が起きた。5日付現地紙が報じている。  事件が起きたのはサンパウロ市中央部にある同大学のコンソラソン校舎で、午後4時30分頃、昨年卒業したブルーノ・ダ・シウヴァ・ジニスさん( […]