ホーム | 日系社会ニュース | 東京カフェショー、3日から=ブラジル大使館が300万円援助

東京カフェショー、3日から=ブラジル大使館が300万円援助

「東京カフェショー2018年」のガイドブック

「東京カフェショー2018年」のガイドブック

 カフェレスジャパン実行委員会主催の「東京カフェショー―7回カフェ・喫茶ショー」が7月3日(水)~5日(金)まで、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1)で開催される。入場料3千円。時間は午前10時~午後6時、5日のみ午後5時まで。
 ブラジル・パビリオンは、ブラジリアン・ビジネス・グループ(BBG)が主催、在日ブラジル大使館とブラジル銀行が後援。昨年は在日ブラジル領事館から100万円の援助金を得て397社が出展したが、今年は在日ブラジル大使館から300万円の援助金を得て、500社が出展する。
 同展示会は、カフェ・喫茶店・コーヒービジネスに関する製品・サービスが一堂に集まる、日本唯一の専門展。「CAFERES JAPAN」、「ウエルネスフードジャパン」、「お米産業展」の3展も同時に開催され、昨年は3万3千人以上が来場した。
 展示会には「Mundial Foods」「Minato Mirai」「Hiro World」「Bompex Japan」等が出展。ブラジルのコーヒーを中心にコシーニャ、アサイ、マンジョッカ等のブラジル食品も紹介される。
 問い合わせはBBGの橋本秀吉さん(hashimoto@bbg-asia.com)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 特別寄稿=まぼろしの『十九の春』=聖市在住 醍醐麻沙夫2021年1月15日 特別寄稿=まぼろしの『十九の春』=聖市在住 醍醐麻沙夫 「私があなたに惚れたのは、ちょうど十九の春でした。いまさら離縁というならば、もとの十九にしておくれ」  これは安里屋(あさとや)ユンタなどと並んで最も知られている沖縄の歌「十九の春」の最初の歌詞です。  もとの十九にしておくれ、と言われてもかなり困るけど、彼女の […]
  • コロナ禍でも商売開始!!=シリア移民が携帯電話雑貨店2021年1月7日 コロナ禍でも商売開始!!=シリア移民が携帯電話雑貨店  昨年10月29日、携帯電話の備品やその他小間物雑貨を販売する『ブラジシリオ(BRASISIRIO)』(Rua Onze de […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第100話2021年1月6日 中島宏著『クリスト・レイ』第100話  ブラジルの主要な輸出製品であるコーヒーの輸出が、それまでには見られなかったほどの減少ぶりを示し、一度に売れなくなってしまった。さらには、砂糖、とうもろこし、綿、牛肉といった輸出の牽引役ともなっていた農産物のすべてが、同じように総崩れになっていった。  一九二0年代の後半には […]
  • 自分史寄稿=「移り来て六十年」=サンパウロ市在住 村上佳和2020年12月24日 自分史寄稿=「移り来て六十年」=サンパウロ市在住 村上佳和  戦前移民19万人、戦後移民6万人とか7万人と言われる。日系190万人、海外最大の日系社会である。1957年から1962年の5年間が戦後移住者のピークで、1964年の東京オリンピックを機に日本は高度経済成長期に入って移住者が激減し、新しく移住してくる人が途切れて50年。戦後青年 […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第99話2020年12月24日 中島宏著『クリスト・レイ』第99話 「それとも、よほど鈍感だったのかということでしょうね。私の見るところではどうも、そのどちらにも原因があったということのようね。でもね、マルコス、そんなことよりも、私はもっと大事なことが、そこにはあったというふうに解釈したいわ」 「もっと大事なことというと?」 「つまりね、二 […]