ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ大都市圏》オザスコ市長と夫人が6月祭で火傷=焚き火点火の際に大炎上

《サンパウロ大都市圏》オザスコ市長と夫人が6月祭で火傷=焚き火点火の際に大炎上

 6月28日、大サンパウロ市圏オザスコのロジェリオ・リンス市長(ポデモス)が、参加した6月祭の最中に焚き火に点火したところ、爆発が起きて火傷を負う事故があった。6月29日~7月1日付現地紙が報じている。
 リンス市長はアリーネ夫人と共に、同市内のスポーツ・クラブ・コリンチャンス・パウリスタ大通りにある「クラブ・アリーナ・VIP」での市職員の6月祭に参加。一同が見守る中、会場中央の焚き火に点火をしようとした。
 すると、ピラミッド状に組まれた焚き火の台が点火の瞬間に爆発。大きな炎が上がった。
 この爆発で、市長夫妻は顔と腕、足に1~2度の火傷を負った。市長は体表面積の14%、夫人は8%に火傷を負い、搬送先の病院に入院した。傍にいたカメラマンら3人も火傷したが、軽傷で、既に退院した。
 オザスコ市警は翌6月29日、爆発の真の原因を追究すべく、捜査に乗り出した。
 リンス市長は6月30日、入院先の病院から動画メッセージを送った。動画に映った市長は、病室のベッドに横たわり、顔と腕を包帯で覆われた痛々しい姿だった。
 同市長は「命が助かっただけでも奇跡だ」と、心配してくれた人々への感謝の意を表明し、事故の原因が早く解明されることを強く願った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年11月20日 東西南北  サンパウロ州では17日から18日にかけて強い雨が降り、各地で被害が報告されている。ブロッタス市では18日夕方、塀が崩れて女性2人が巻き込まれ、1人が死亡した。インダイアトゥーバ市では、17日夜から18日朝にかけての暴風雨で、ガソリンスタンドの屋根が支柱ごと倒れる事故が起きた。 […]
  • 東西南北2020年11月14日 東西南北  明日15日はいよいよ統一地方選の投票日だ。投票所に人が群がることでコロナウイルスの感染を気にする人も少なくはないだろう。だが、選挙高裁はすでに「コロナ禍を恐れることは、国民の投票義務回避の理由にはならない」との見解を示している。選挙当日、発熱その他のコロナの兆候を示すものがあ […]
  • 東西南北2020年11月4日 東西南北  10月31日からの3連休中は雨模様だったサンパウロ州。月末に降った雨でカンタレイラ、グアラピランガの両水系の10月の降水量はなんとか70ミリ台まで上がったが、「前半のあの猛暑がなければもう少しは」といったところか。ただ、この3連休は冷え込んだおかげで、海岸部が海水浴客で溢れる […]
  • 東西南北2020年10月31日 東西南北  サンパウロ市地下鉄モノレール15号線の拡張工事が先週から再開された。この線は、モノレール車両をかなり高いところで支える線路と支柱の大きさでかなり目立っていたものの、なかなか工事が進まないため、巨像のような扱いを市民からはされていた。コロナ禍もやや落ち着きはじめたことで、工事が […]
  • 東西南北2020年10月30日 東西南北  28日、サンパウロ市と近郊地区を行き来するEMTUのバスに、抗コロナ対策車両12台がお目見えした。12台のバスはヴィアソン・オザスコ社が所有するもので、オザスコ〜サンパウロ市間で使われる。これらのバスは、シートなどに抗菌性の布のカバ―がかけられている。これらの措置には1台につ […]