ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市大都市圏=低所得層は車、富裕層はメトロ?=拡大する地下鉄利用率=「4号線開通が鍵」と専門家

サンパウロ市大都市圏=低所得層は車、富裕層はメトロ?=拡大する地下鉄利用率=「4号線開通が鍵」と専門家

 サンパウロ市とその周辺の計39市からなるサンパウロ大都市圏に住む人々の交通事情をまとめた調査「オリージェン・エ・デスチーノ」(サンパウロ地下鉄公社調べ)が発表されたと、3日付現地紙が報じている。
 この調査は、10年ごとに行われ、住民の経済状況と交通事情の相関関係を調べている。それによると、最近の10年間では、収入の低い人は車やバイクを、収入の高い人は地下鉄をより多く利用する傾向にあることが分かった。
 2007年から2017年にかけて、世帯収入が月額2千~3800レアルの人が車で出かけた回数は82%、バイクで出かけた回数は77%増えたが、1万1400レアル以上の人の車の利用率は49%減り、地下鉄利用率が5・7%上がった。
 07年から17年の間の平均世帯月収は、4075レアルから3607レアルへと、11・5%減少した(インフレ調整済み)が、移動回数は1日平均3800万回から4200万回へ10・3%増加し、人口増加率(6・9%)を上回った。
 ブラジル消費者保護協会(Idec)の都市移動調査員で地理学者のラファエル・カラブリア氏は、「稚拙なバス交通整備への投資、車の購入を容易にした連邦政府の方針、サンパウロ州が行った積極的なメトロ整備への投資などが重なり、この結果になった」と語っている。
 2010年に営業が始まった民間セクターが経営する地下鉄4号線の影響も大きい。
 ジェトゥーリオ・ヴァルガス財団所属で公共行政専門家のシロ・ビデルマン氏は、「1~3号線も連結してはいたが、4号線の開通で、サンパウロ市の地下鉄は初めて〃網状〃になった」と語っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市=麻疹の罹患状況が明らかに=最も広まっている地区は?2019年8月31日 サンパウロ市=麻疹の罹患状況が明らかに=最も広まっている地区は?  サンパウロ市の麻疹(はしか、サランポ)の患者の地区別データが発表され、市内のどこで真性患者や擬似症患者が多いかが明らかになった。30日付現地紙が報じている。  28日のサンパウロ州保健局の発表によると、サンパウロ市では1637人の感染が確認され、1人の死亡が報告されている。 […]
  • サンパウロ市=クラコランジアで密売摘発=17人逮捕、21キロの麻薬も押収2019年8月24日 サンパウロ市=クラコランジアで密売摘発=17人逮捕、21キロの麻薬も押収  22日、サンパウロ市セントロのクラコランジアで麻薬密売の摘発が行われ、17人が逮捕され、21キロ相当の麻薬が押収された。23日付現地紙が報じている。  「レデンソン」と名付けられた摘発は、市警と軍警、市警備隊(GCM)の合同作戦で、計560人が動員された。  2015年以 […]
  • サンパウロ市モノレール15号線=ジャルジン・プラナウト駅が開通=東部居住者の生活便利に2019年8月28日 サンパウロ市モノレール15号線=ジャルジン・プラナウト駅が開通=東部居住者の生活便利に  26日、サンパウロ市モノレール15号線で新しい駅、ジャルジン・プラナウト駅が開業した。27日付現地紙が報じている。  ジャルジン・プラナウト駅は15号線にとっては通算7駅目となる。同線は18年4月に4駅が開業したことで、より本格的な運営がはじまっていたが、それ以来の新駅とな […]
  • サンパウロ州=乳児への麻疹接種対象市拡大=青少年向けはサンパウロ大都市圏のみ2019年8月13日 サンパウロ州=乳児への麻疹接種対象市拡大=青少年向けはサンパウロ大都市圏のみ  サンパウロ州保健局が12日から、生後6カ月から1歳未満の乳児への麻疹(はしか)の予防接種を実施する自治体を39市に増やした。また、乳児を連れてこれら39市へ出向く場合は、15日前に予防接種を受けさせるよう勧告している。  これは、同州内の麻疹患者、全967人中の13・6%が […]
  • サンパウロ市=またもVTに制限かかる=バス乗り継ぎ3時間2回まで2019年8月22日 サンパウロ市=またもVTに制限かかる=バス乗り継ぎ3時間2回まで  サンパウロ市の高等裁判所が19日、市の公共交通機関における、労働者の通勤手当(ヴァーレ・トランスポルテ、以下VT)を入金したビリェッテ・ウニコの使用に関する改定を禁ずる暫定令を解いた。同件の決定は二転三転を繰り返しており、市民の負担額が再び重くなると、同日付現地サイトなどが報 […]