ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ市警女性保護署は29日、サッカーのスター選手ネイマールの強姦疑惑に関し、証拠不十分で捜査を打ち切ることを発表した。モデルのナジラ・トリンダージ氏が「ネイマールに強姦された」と訴えたことで5月31日に始まった捜査は、7月1日に捜査期限が延長されていた。捜査員はナジラ氏の証言にはいくつもの矛盾があるとし、「ネイマールは罪を犯していない」との判断に至った。
     ◎
 賃貸住宅の家賃の年次インフレ調整に使われる指数、総合市場物価指数(IGP―M)の7月の値が0・40%だったと発表された。先月の0・80%から半減だ。今年1月から7月までの累積では4・79%、昨年8月から今年7月までの直近12カ月間の累積は6・39%だった。IGP―Mは卸売物価指数(IPA)が6割、消費者物価指数(IPC)が3割、全国建設コスト指数(INCC)が1割で計算される。最も大きく影響するIPAが、6月から7月にかけて大きく下がったことが、IGP―Mの減少に繋がった。
     ◎
 サンパウロ州工業連合(Fiesp)とサンパウロ州工業センター(Ciesp)が30日に発表したところによると、6月のサンパウロ州の工業生産は、5月比で0・8%減(季節偏差調整済み)だった。季節偏差調整を行わない場合、この数字は7・3%減まで落ち込む。結果は主に、実質売上高変数(2・7%減)と、生産時間効率(0・1%減)の影響を受けた。FiespとCiespの第2副会長、ジョゼ・ロリス氏は、社会保障制度改革と税制改革、その他の経済活性化策が状況を好転させるとの期待を示している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年11月19日 東西南北  ブラジルでスポーツといえば、ほとんどサッカーで埋まるのが常。だが18日付現地紙は、ブラジルが生んだ伝説のボクサー、エデル・ジョフレが1960年11月18日に世界バンタム級チャンピオンに輝いたことと、それから60年が経過したことを大きな記事で伝えた。ジョフレといえば日本でもおな […]
  • 東西南北2020年11月17日 東西南北  15日に行われた統一地方選。コロナ禍ということで、感染爆発を恐れて投票拒否を行う人が出ることは事前に予想されたが、この日の不投票率は23%を記録したという。これは過去20年間の選挙ではワースト記録だ。選挙期間中は、それまで順調に下がっていたコロナの感染者や死者が再び上昇に転じ […]
  • 東西南北2020年10月20日 東西南北  先週、ブラジルの話題を独占したのはシコ・ロドリゲス上議だった。やはり、連邦警察が家宅捜索にふみこんだときに「パンツに賄賂と思しき大金を隠していた」という珍事は相当なインパクトがあった。そのため、ネット上では「これぞ、本当に汚い金」「警察は臭い金を“資金洗浄”しなければ」などと […]
  • 東西南北2020年10月9日 東西南北  春先とは思えないほどの猛暑で、とうとう「カロロン」と呼ばれ始めたここ数日の暑さ。7日はサンパウロ市で今年最も暑く、観測史上2番目となる37・3度を記録した。州内をみると最高気温が40度を超えたところが続出で、最も暑かったリンスは同州観測史上初の43・5度を記録した。そのほか、 […]
  • 《記者コラム》2030年サッカーW杯まで安心なブラジル新世代2020年9月18日 《記者コラム》2030年サッカーW杯まで安心なブラジル新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]