ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 元コリンチャンスで前バルセロナのマウコン(22)が3日、移籍先となったロシア・プレミア・リーグ、ゼニトでの初戦、対クラスノダール戦に途中出場した際に、人種差別を受けた。本拠地の同チームのファンたちが、「チームの伝統に従ってくれてありがとう」という当てこすりの垂れ幕を掲げたのだ。ゼニトはこれまで「黒人選手とは契約しない」ことで知られており、ファンのゼニト経営陣への欲求不満が皮肉で示されたことになった。ゼニト側は人種差別を否定しているが、同件は既に国際的に報じられ、強い反発を受けている。「次の移籍期間の来年1月には退団か」の噂も浮上しているが、果たして。
     ◎
 週末から冷え込みが厳しいサンパウロ大都市圏だが、4日夜から5日朝にかけて、サントアンドレ市とグアルーリョス市で、この寒さが理由で亡くなったと思われる路上生活者の遺体が相次いで発見された。前者は66歳、後者は73歳の男性で、二人共、外傷らしきものは発見されなかった。死因は現在も調査中だ。サンパウロ市では4日、午後の気温が12・2度までしか上がらず、2013年7月24日以来、もっとも寒い午後となっていた。
     ◎
 6日も朝の気温が11度と、かなり寒かったサンパウロ市だが、予報によると、今日7日からは気温が徐々に和らぎはじめ、9日金曜日には、最高気温が28度まで上がるなど、かなり温かくなるという。その間は湿度も30%ほどで、雨が降る心配もないとか。この冬は寒い日が多いので、温かくなる分には大歓迎だが、急な気温の変化で体調を崩さぬよう、ご注意を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝2021年6月19日 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝  ブラジルで現在開催中のコパ・アメリカで、選手、関係者のコロナウイルス感染が続いている。その最中にブラジル代表(セレソン)は、ペルーを相手に4―0で快勝し、2連勝を飾った。17、18日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル保健省が17日付で発表したところによると、同大会に […]
  • 東西南北2021年6月19日 東西南北  先月29日に行われたボルソナロ大統領に対する全国的な抗議デモが記憶に新しい中、今日19日は2回目の大統領抗議デモが行われる。今回のデモには政治家も参加を検討していると報じられており、ルーラ元大統領の動向も注目されている。これまで報じられているところから察するに、ルーラ氏は「参 […]
  • 東西南北2021年6月18日 東西南北  ボルソナロ大統領が12日にサンパウロ市で行って物議を醸した、マスクなしでのバイクでの集団デモ行進「モトシアッタ」について、サンパウロ州公共運輸サービス規制機関(Artesp)が、料金所などの記録によると、この日に使われたバイクの数は6661台だったと発表した。デモの直後は「1 […]
  • 東西南北2021年6月16日 東西南北  サンパウロ州政府が13日に「16日から50代のコロナワクチン接種開始」と発表したが、接種の最終的な責任者である市の対応は、地域毎に若干異なる。サンパウロ市では14日から50代を対象とした接種をはじめたが、「50代ならどの日でも接種できる」というものではなく、年齢別に日が決めら […]
  • 東西南北2021年6月15日 東西南北  13日、ブラジルの日曜夜のおなじみのグローボ局の長寿番組「ドミンゴン・ド・ファウストン」の司会者、ファウストン(71)が番組を初めて病欠した。理由は尿路感染で、10日に症状を訴え、サンパウロ市のアルベルト・アインシュタイン病院に入院中だ。同番組は1989年から32年も続いてい […]