ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 11日は父の日で、ブラジルでは服役中の犯罪者の一部に外泊許可が出る。だが、この制度が何かと物議を醸しやすい。今年の場合は、アレッシャンドレ・ナルドーニ受刑囚(41)に外泊許可が出て、話題となっている。ナルドーニ受刑囚は2008年、離婚後も、週末には会うことのできた前妻との娘イザベラちゃん(当時5歳)を殺害した上、再婚相手と共謀し、侵入者に襲われ、イザベラちゃんが窓から投げ出されたかのように偽装まで行っていたことも判明し、全国民にショックを与えた。そのような人物にも、よりによって「父の日」の特別許可が出るのは皮肉だが、罪を償える日はやって来るのか。
     ◎
 8日付アゴラ紙によると、サンパウロ州海岸部のサントス市で、鳩の糞から派生したと思しき病で最近2人の男性が死亡したという。この2人は共に頑固な頭痛やめまい、息苦しさなどを訴え、4カ月間入院。頭痛は激化し、発作も起きた。一人は手足や舌にふるえなども出ていたという。この病気はクリプトコックス症と呼ばれ、鳩の糞や木の幹などに生じた酵母状の菌が吸引や傷口から入って起こるという。鳩の糞は公共の場所でもよく見かけるが、「たかが糞」などと油断はできない。
     ◎
 今週末はサッカー全国選手権の第14節。注目カードは今日、サンパウロ市モルンビ・スタジアムでの伝統カード、俗に「サンサン」とも呼ばれるサンパウロ対サントス戦だ。元チリ、アルゼンチン代表を率いたサンパオリ監督の下で首位を走るサントスに、若手中心に切り替え、こちらも好調のサンパウロがどう迎え撃つか。楽しみな一戦だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!2020年1月2日 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!  2020年の夏季五輪は56年ぶりの東京開催となる。様々な競技への興味がつきないが、ブラジルとしてはやはりサッカーを欠かすわけにはいかない。そこで、本紙きってのサッカーファン、井戸規光生記者と沢田太陽記者が今回もサッカー対談を行い、前回リオ大会で待望の金メダルを獲得した […]
  • 《ブラジルサッカー》女子代表23人を発表=名将スンドハーゲ氏の初陣はアルゼンチン戦2019年8月21日 《ブラジルサッカー》女子代表23人を発表=名将スンドハーゲ氏の初陣はアルゼンチン戦  8月29日と9月1日に行われる親善試合を前に、女子サッカーのブラジル代表メンバー23人が20日に発表された。  6月から7月にかけてフランスで行われた女子ワールドカップで16強敗退に終わったブラジルは、来年の東京五輪に向けて、直近3回の五輪で全て決勝進出(2008年 […]
  • 東西南北2018年12月15日 東西南北  13日、サンパウロ大都市圏ABC地区のマウアーで、市長のアチラ・ジャコムッシ容疑者が同市元局長らと贈収賄工作を行った容疑で逮捕された。同容疑者は5月にも逮捕されているが、後任の市長代理が財政破綻を起こしたため、かろうじて市長のクビがつながっていた。警察によると、同市長らは市内 […]
  • 東西南北2018年8月28日 東西南北  サンパウロ市中央部リベルダーデ区にあるアフリトス聖堂が、崩壊の危機にさらされているという。同聖堂は、市内にはじめてできた霊園内に1775年に建てられ、市内でも有数の歴史を持つものだ。だが、ここ数年はメンテナンスがうまく行われておらず、壁にはひび割れが増え、さらに近隣の建物が改 […]
  • 東西南北2015年4月25日 東西南北  昨日付本欄でも報じたチリ南部のカルブコ火山は、23日に2度の爆発が起きたこともあり、大量の火山灰が飛び散り、その様子はNASAの宇宙衛星からの写真では肉眼で確認できるほどの規模に至っている。火山灰の影響は同国内に止まらず、隣国アルゼンチンでもブエノスアイレス、コルドバ、メ […]