ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 17日、ツイッター上を「ウクラニザ・ブラジル(ブラジルをウクライナにせよ)」とのハッシュタグが大量に立った。これは「新型コロナウイルスワクチンの義務化」を問う最高裁の審理で義務化を支持する判事が多数派になったことを受けて反対派が起こしたものだ。この言葉は今年の5月に「反最高裁・連邦議会」の反民主主義デモが起きた際、最高裁に花火を発射して逮捕された極右運動家サラ・ウィンター容疑者の言葉。「革命」を叫ぶ彼女はウクライナで軍事訓練を受けていた。だが、これは最高裁だけの独断ではなく、世論調査でも7割以上の国民がワクチン接種を希望している。自分たちの意に沿わぬことに対して、暴力的メッセージで威嚇するのはいかがなものか。
     ◎
 17日、最高裁のルイス・フクス長官はジョアン・ドリア・サンパウロ州知事の訴えを受け入れ、同州が11日に出した、「バーやレストランでの20時以降の酒類販売禁止」を再度有効にする判断を下した。コロナ対策としての州の命令に猛反対した飲食業界の訴えで、14日にサンパウロ州地裁がこの命令を無効にする判断を出し、波紋を投げかけていた。コロナによる感染者、死者が再び急増する中、「営業できているだけでもありがたい」と謙虚になるべきという声も。
     ◎
 週末のサッカーの全国選手権。首位サンパウロは16日に試合をやったため、この週末は試合がない。一方、リベルタドーレスの試合が15日にあったばかりのパルメイラスは今日19日に敵地でインテルナシオナル戦がある。パルメイラスは23日にもブラジル杯の準決勝の試合が組まれており、過密スケジュールとなっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]
  • 東西南北2020年12月29日 東西南北  クリスマス前後から、コロナウイルス関連で、いろんな形の騒動が起きている。ひとつは英国で発生した感染率の高い変異種が、欧州の他の国や日本でも見つかったこと。これで多くの国がパニックになっている。ブラジルでも25日から、英国からや英国経由の旅行者の入国が禁止されたが、この変異種が […]
  • 東西南北2020年12月25日 東西南北  聖夜前日の23日が仕事納めだった人も少なくないと思うが、それはサンパウロ州内の州立校も同様。コロナ禍で波乱に満ちた1学年を終えることとなった。ほとんどの生徒たちにとってはこれから1カ月強の休みに入るが、「授業数が足りていない」と思う学校は、1月4日から22日の間に25コマの補 […]
  • 東西南北2020年12月23日 東西南北  22日午前6時のマルセロ・クリヴェラ・リオ市長の逮捕は衝撃を与えた。同市長には以前からこうした汚職の疑惑があり、「時間の問題」と見る向きも少なくはなかったが、年明けでなく、市長の任期がわずかばかり残っている今、あえて逮捕したことに意味深なものを感じている国民は少なくない。クリ […]
  • 東西南北2020年12月17日 東西南北  サンパウロ州選挙地域裁は15日、大サンパウロ市圏エンブー・ダス・アルテスの市長選で再選したネイ・サントス氏(共和者・RP)と副候補のウゴ・プラード氏(民主運動・MDB)のシャッパの当選を無効にした。これは、労働者党(PT)などをはじめとする左派政党が起こした訴えを裁判所が認め […]