ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州=乳児への麻疹接種対象市拡大=青少年向けはサンパウロ大都市圏のみ

サンパウロ州=乳児への麻疹接種対象市拡大=青少年向けはサンパウロ大都市圏のみ

 サンパウロ州保健局が12日から、生後6カ月から1歳未満の乳児への麻疹(はしか)の予防接種を実施する自治体を39市に増やした。また、乳児を連れてこれら39市へ出向く場合は、15日前に予防接種を受けさせるよう勧告している。
 これは、同州内の麻疹患者、全967人中の13・6%が、この年齢層の子供である事が確認されたためだ。また、患者の8割(778人)はサンパウロ市で発生している。
 同州保健局では、乳児向けの予防接種の対象となる自治体のリストを毎週、更新するという。
 15~29歳の青少年を対象とする予防接種キャンペーンは、これまで通り、サンパウロ大都市圏の15市が対象だ。
 州保健局によると、6月10日の予防接種キャンペーン開始以来、15~29歳の青少年は、120万人が予防接種を受けたという。ただ、16日までのキャンペーンの目標は、440万人だから、実施率は決して芳しくない。
 麻疹を含む3種混合の予防接種は通常、生後12カ月と15カ月の2回だが、今回のキャンペーンで予防接種を受けた乳児は、12カ月と15カ月の予防接種も受ける必要がある。ただし、キャンペーンで予防接種を受けた乳児には、最低30日間置いてから、次の予防接種を受けさせるよう勧められている。
 乳児が接種対象となっている市は以下の通り。アチバイア、バルエリ、カサパヴァ、カイエイラス、カンピーナス、サンパウロ、カラピクイバ、ジアデマ、エンブー、エトレーラ・ドエステ、フェルナンドポリス、フランシスコ・モラト、グアルーリョス、オルトランジア、インダイアツーバ、イタペチニンガ、イタクアケセツーバ、ジャレス、ジュンジアイー、マイリポラン、マウア、モジ・ダス・クルーゼス、オザスコ、ペルイベ、ピンダモニャンガバ、プライア・グランデ、リベイロン・ピーレス、リベイロン・プレット、リオ・グランデ・ダ・セーラ、サントアンドレ、サントス、サンベルナルド・ド・カンポ、サンカエタノ・ド・スル、サンジョゼ・ド・リオ・プレット、サンジョゼ・ドス・カンポス、ソロカバ、スマレー、タボアン・ダ・セーラ、タウバテ。(12日付アジェンシア・ブラジルより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年12月1日 東西南北  自分が推薦した候補の勝率が市長選で芳しくなかったボルソナロ大統領だが、2年後は自分の大統領選が控えている。それに備えた「対策」なのか、以前のような手作業の票集計に戻すよう主張している。本人の意見では「その方が正確」とのこと。だがその証拠はなく、ルイス・ロベルト・バローゾ選挙高 […]
  • 東西南北2020年11月28日 東西南北  29日は市長選の決選投票が行われる。サンパウロ市もコーヴァス氏が勝つか、追い上げるボウロス氏が逆転するかで、目が離せない展開となっている。だが、気になるのは投票場の状況だ。11月に入ってコロナの感染者や死者が再び増えているからだ。選挙高裁は、選挙人証の代わりとなり、投票圏外に […]
  • 東西南北2020年11月4日 東西南北  10月31日からの3連休中は雨模様だったサンパウロ州。月末に降った雨でカンタレイラ、グアラピランガの両水系の10月の降水量はなんとか70ミリ台まで上がったが、「前半のあの猛暑がなければもう少しは」といったところか。ただ、この3連休は冷え込んだおかげで、海岸部が海水浴客で溢れる […]
  • 東西南北2020年10月31日 東西南北  サンパウロ市地下鉄モノレール15号線の拡張工事が先週から再開された。この線は、モノレール車両をかなり高いところで支える線路と支柱の大きさでかなり目立っていたものの、なかなか工事が進まないため、巨像のような扱いを市民からはされていた。コロナ禍もやや落ち着きはじめたことで、工事が […]
  • 特別寄稿=16世紀の日本人女性奴隷哀史=サルバドールに「女官」いた?=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子2020年10月31日 特別寄稿=16世紀の日本人女性奴隷哀史=サルバドールに「女官」いた?=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子  「16世紀ごろに、日本人が奴隷としてヨーロッパ人に売られていた」。このような歴史的事実を、現代日本人がどのくらい知っているだろうか。  去る10月20日付けニッケイ新聞「樹海」拡大版、深沢編集長による「16世紀に南米へ来た日本人奴隷とユダヤ教徒」を読んだ。「南米に渡った日本 […]