ホーム | Free | 商議所部会長シンポ22日=波乱含みの内外情勢読み解く

商議所部会長シンポ22日=波乱含みの内外情勢読み解く

平田事務局長と大久保敦企画戦略委員長

 ブラジル日本商工会議所(村田俊典会頭)の総務委員会と企画戦略委員会が共催する恒例の「2019年業種別部会長シンポジューム」が今月22日午後1時から、インターコンチネンタルホテル(Rua Alameda Santos, 1123)で開催される。日ポ両語同時通訳つき。参加費無料。シンポ後の懇親会は80レ。
 今年のテーマは「2019年上期の回顧と20年下期の展望 内外の環境変化にどう対応するか」。上期の結果と、下期の見通しを自動車、食品など10分野に分かれて発表する。
 来社した大久保敦企画戦略委員長は、「アルゼンチンの大統領選の行方、メルコスルとEUのFTA、米中貿易戦争の成り行きなどの外的な要素に加え、国内でも社会保障改革は下院こそ通過したが上院が待っており、税制改革も強く期待されているが、まだ先行きに不透明感がある。幅広い社会・経済動向に目を向けておく必要がある時期といえます。このシンポではまさにその要望に応えられる話がきけるのでは」と参加を呼びかけた。

一昨年の部会長シンポの様子

 平田藤義事務局長も「社会保障改革、税制改革が通ったとしても、肝心の経済成長戦略がまだ議題にも登っていない。これからが本当の意味で大事な時期。シンポの内容を参考に、波乱含みの内外情勢を読み解き、できるだけ多くの情報から企業戦略の立案を」と呼びかけた。
 問合せ又は申込みは、事務局(電話=11・3178・6231、メール=secretaria@camaradojapao.org.br/カリーナ)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【日本移民の日2021年】《記者コラム》環境問題で岐路に立つブラジル=政権の監視緩和に厳しい声2021年6月23日 【日本移民の日2021年】《記者コラム》環境問題で岐路に立つブラジル=政権の監視緩和に厳しい声  6月18日はブラジル日本移民の日だが、国際的には5日の「国際環境デー」の方が知名度が高い。日本でも6月を環境月間としているが、ブラジルでは環境月間という見方はないようだ。この環境問題は、ボルソナロ大統領の言動が世界とのズレを生じていることで、注目を浴びている部分でもあ […]
  • 《ブラジル》2020年の外国投資62%減=コロナ禍の影響避けられず2021年6月22日 《ブラジル》2020年の外国投資62%減=コロナ禍の影響避けられず  21日に国際連合貿易開発会議(UNCTAD)が発表したデータにより、2020年のブラジルへの外国投資は62%も減少していたことが明らかになった。21日付現地サイトが報じている。  同会議のグローバル投資動向モニターによると、2020年のブラジルへの国外からの投資は250億ド […]
  • 《記者コラム》10回目のデフォルトの瀬戸際にいるアルゼンチン2021年6月22日 《記者コラム》10回目のデフォルトの瀬戸際にいるアルゼンチン  「メキシコ人はインディオから、ブラジル人は密林から、我々は船に乗ってヨーロッパから来た。私の名字、フェルアンデスはその証しだ」――アルゼンチンのアルベルト・フェルナンデス大統領は9日、スペインのペドロ・サンチェス首相を首都ブエノス・アレスに迎えて、そう問題発言をし、ブ […]
  • 援協=JICA助成金建設委員会設立=新規会員は順調に205人増2021年6月15日 援協=JICA助成金建設委員会設立=新規会員は順調に205人増  サンパウロ日伯援護協会(援協、税田パウロ清七会長)は5月27日10時から、リベルダーデ区にある援協本部ビル5階講堂で5月定例役員会を開催した。援協にこれまで尽力してきた堀井文夫氏、毛利連(もうりむらじ)氏、末吉ショウジ・アルマンド氏の3氏が5月中に亡くなり、1分間の黙 […]
  • 《ブラジル》最高裁でもコパ・アメリカ覆らず=13日から試合開催へ2021年6月12日 《ブラジル》最高裁でもコパ・アメリカ覆らず=13日から試合開催へ  10日、最高裁でサッカーのコパ・アメリカの開催をめぐる判事投票が行われ、賛成多数で開催されることが決まった。10、11日付現地紙、サイトが報じている。  今回のコパ・アメリカは、当初開催予定だったコロンビアとアルゼンチンが、デモによる治安悪化やコロナ禍の悪化のために […]