ホーム | ブラジル国内ニュース | 《リオ州》刑務所監査で携帯電話7千個押収=妊婦と偽り、持ち込み図る者も

《リオ州》刑務所監査で携帯電話7千個押収=妊婦と偽り、持ち込み図る者も

 リオ州刑務所管理局(Seap)は20日、州内の刑務所では、今年に入ってから既に、7322個の携帯電話が押収されたと発表した。この数は昨年同期の5076個と比べ、44%増だ。
  Seapはまた、リオ市西部バングー地区の刑務所で行われた同日の監査の結果も発表した。それによると、携帯電話30個、SIMカード5枚、ルーター3個に、大小の包みに入ったコカイン計368グラム、計312グラムの大麻、時計29個、香水5瓶やブランド物の衣類などが押収された。
 リオ州では、今年年初に新知事が就任して以降、こうした刑務所の監査活動を強化している。
 調査報告書によると、今年に入ってから、麻薬や携帯電話を外部から刑務所の中に持ち込もうとして身柄を拘束された人は58人いる。中には、妊婦だと偽って、探査機をくぐらずに入ろうとした例や、刑務所の外から麻薬や携帯を投げ込もうとした例もあった。
  Seapは州内の刑務所の警備を強化するため、ドローンも3機購入した。また、金属探知機やスキャン用の器具、携帯電話の電波ブロック機器などの導入や監視カメラの増設も計画されている。(20日付アジェンシア・ブラジルより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル2020年7月18日 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル  ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長は17日、大晦日毎年恒例の大型イベント「レヴェイオン」を、コロナ禍のために中止にすることを発表した。同日付現地サイトが報じている。  レヴェイオンは毎年大晦日の真夜中に、市内最大の繁華街パウリスタ大通りで行われているサンパウロ市主催のコ […]
  • 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で2020年6月26日 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で  新型コロナウイルスで休校になっていた学校再開をめぐり、サンパウロ州は9月8日から段階的に再開との計画を、24日に発表した。24日付伯字サイトなどが報じている。  サンパウロ州政府が発表したところによると、授業再開は9月8日から。その頃までには州内のどの地域も、外出規制緩和の […]
  • 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける2020年6月27日 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける  ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)が26日、2011~20年のブラジルの経済は、「景気後退の10年間」で、1980年代を超える「失われた10年」となると発表した。  FGVブラジル経済研究所(Ibre)のマルセル・バラシアノ氏の試算によると、国際通貨基金(IMF)が先日発 […]
  • 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し2020年6月19日 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛令が出て以来、学校では通常の授業ができず、休暇の前倒しやオンライン授業で内容や履修時間数を補っている中、サンパウロ州立の大学3校は後期の講義はオンラインのみとする事を決めたと18日付現地紙が報じた。  この決断は、サンパウロ […]
  • 《ブラジル》確定申告は30日まで=コロナ禍で申告期間延長中2020年6月24日 《ブラジル》確定申告は30日まで=コロナ禍で申告期間延長中  コロナウイルスの感染拡大で経済活動などが止まった事を受け、2019年の所得に関する確定申告期間を今月30日まで延長しており、未申告者は急いで申告するよう国税庁が促している。  確定申告は通常、4月末日までに行わなければならないが、今年はコロナ禍のために申告期間が延長された。 […]