ホーム | 日系社会ニュース | 日伯宇宙WEEK開催中=現役の野口飛行士も参加

日伯宇宙WEEK開催中=現役の野口飛行士も参加

日伯宇宙ウィーク画像(ジャパン・ハウスサンパウロより)

日伯宇宙ウィーク画像(ジャパン・ハウスサンパウロより)

 駐ブラジル日本国大使館(山田彰特命全権大使)と在サンパウロ日本国総領事館(桑名良輔総領事)、ジャパン・ハウス(JH、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)が4月5日(月)~11日(日)にオンラインイベント「日伯宇宙WEEK」をブラジルの「世界天文学の日(8日)」にあわせて開催している。
 JHサイト内特設ページ(https://www.japanhousesp.com.br/evento/semana-espacial-brasil-japao/)を開設。同館ユーチューブ上で日伯両国の宇宙交流をテーマにしたウェビナーやワークショップなど、様々な内容を公開していく。
 「宇宙」を通じた日伯両国の交流に触れる機会になればと、『アニメ・マンガ』や『特撮ヒーロー』を絡めたウェビナーや、宇宙事業、宇宙探査など子供から大人まで楽しめる幅広い内容が順次公開される。
 5日には国際宇宙ステーションに滞在中のJAXA宇宙飛行士である野口聡一氏や、彼と訓練を共にしたマルコス・ポンテス伯科学技術大臣、山田大使の3氏がブラジルに向けた特別ビデオメッセージがJHユーチューブで公開された。
 6日(火)には、ウェビナー「アニメ・マンガにおける宇宙の世界」(Debate Em Órbita com os Animes e Mangás)、7日(水)にウェビナー「特撮ヒーローと宇宙空間」(Debate Os Heróis do Tokusatsu e o Espaço Sideral)が両日19時に開催。
 JBC出版のコンテンツ・マネージャーのほか雑誌「ポケモンクラブ」、「ニンテンドーワールド」、「ヒーロー2000」等の編集にも携わったマルセロ・デル・グレコ氏や、同社マーケティング・コミュニケーションマネージャーのエディ・カルロス・ロドリゲス氏が両日参加。
 ジャーナリストや、ユーチューバー、ポッドキャスト配信者、日本ポップカルチャー情報サイト「Jbox」クリエイターなどの有識者達も登壇する。
 8日(木)19時はウェビナー「JAXA:日本の宇宙探査」(Debate JAXA: A Exploração Espacial Japonesa)を開催し、マウア工科大学のアンダーソン・ハラヤシキ・モレイラ教授が登壇する。
 9日(金)にはビデオ「三菱電機社の宇宙事業」の公開(Vídeo Mitsubishi Electric)」同日19時に、ウェビナー「宇宙・科学・テクノロジー」(Debate Universo Conectado: Espaço, Ciência e Tecnologia)を開催。
 10日(土)11時にワークショップ「ペンシルロケットの作り方」(Oficina Pencil Rocket: O Foguete Japonês)、19時にライブイベント「自宅でプラネタリウム」(Live O céu em sua casa: Observação remota)
 11日(日)11時に、アニメーション動画「月とかぐや姫」(Ilustração Princesa Kaguya e a Lua) が公開予定。
 なお、本ウィーク開催後も動画などは継続して視聴できる。

 


関連記事
■ウェビナー「AIの可能性と影響」=日本国大使館とブラジル科学技術通信省=日伯協力の成果見込める分野
■《ブラジル》グリンピースが告発=アマゾン火災後に隣接農場から牛出荷?=国立宇宙研究所に新所長就任
■種子島から9日、無事打ち上げ=ブラジルの高校生が作った人工衛星=小さな「日伯共同宇宙研究」
■路線バスを宇宙から管理=犯罪対策にもかかる期待=サンパウロ市
■ブラジル人、初めて宇宙を飛ぶ=国際宇宙基地の整備に=ポンテス大佐、10日間滞在

 

image_print

こちらの記事もどうぞ