ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 2日、パルメイラスがフェリポン監督を電撃解任し、ブラジル・サッカー界を驚かせた。2002年のW杯優勝監督でもある同氏は、昨年、自身の古巣でもあるパルメイラスを全国選手権で優勝させていた。だが、リベルタドーレス杯の準々決勝で敗退した上に、1日に行われた全国選手権でも首位のフラメンゴに0―3で完敗し、責任を問われた。すでに後任にはマノ・メネゼス氏の就任が決定。マノ氏も元セレソン監督なので実績は十分だが、以前は、チーム最大のライバルであるコリンチャンスの監督を務めていたことで有名なため、ファンの反応は複雑とも。選手やファンたちは気持ちを切り替えられるか。
     ◎
 サンパウロ市中央部(セントロ)にある「ショッピング25ブラス」が2日、連邦会計院とサンパウロ市から営業停止処分を受けた。現場では、閉店状態の店の前を警察が取り仕切る光景も見られた。同ショッピング内に出店している店の中で、偽造品が売られていることが発覚したことが原因だ。25界隈での偽造品販売は以前から目をつけられていたが、同ショッピングは今回の大規模摘発によって、1200万レアルの罰金も科せられたという。
     ◎
 今月に入ってからのサンパウロ大都市圏の天候は不安定で、主要水系はどこも、3日午前9時現在で、早くも30ミリ前後の降水量を記録。2日は各地で倒木の報告が聞かれ、3日も日中に激しい雨が降る地域があった。予報によると、今週は寒冷前線の影響もあり、気温があがらず、雨模様の日が続くという。気温が上がるのは、7日の独立記念日あたりになる見込みだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ