ホーム | コラム | 樹海 | 9・11と黄色い9月

9・11と黄色い9月

 11日朝、「米国の同時多発テロ事件から18年」との報道が続いた。時の流れの速さに驚くと共に、余りにも鮮明に記憶に残る事件の一つだと痛感する。飛行機が相次いでビルに突っ込み、爆発的な火災が発生。多くの死者は遺体さえ発見されていないし、近接ビルの屋上から多くの骨片回収との報道もあった▼同時多発テロは突然の出来事で多くの人が身内や知り合いを亡くした例の一つだ。この手の突発的な事件では、遺族や関係者など、多くの人がトラウマに陥る。今年1月にブラジルのミナス州で起きた鉱滓ダム決壊事故後、ブルマジーニョでは自殺者や自殺未遂者、精神安定剤や抗うつ剤などの薬の使用量などが増えた事は弊紙でも触れた▼「世界自殺予防デー」の10日を含む9月は、「黄色い9月」と呼ばれる自殺予防月間だ。ブラジルでは46分に1人、世界では40秒に1人が自殺しているが、世界保健機関(WHO)は10日、自殺は防ぐ事が可能だと強調し、国を挙げた取り組みや周囲の人の変化に皆が注意を払う事の大切さも説いた▼ただ、自殺は大きな事件や事故後にだけ起きるものではない事にも注意が必要だ。何気ない言葉で傷つき、ふさぎこむ人もいれば、明るい笑顔を見せていた人が突然自殺する事もある。ガンである事を隠していたら、本人が余りにもあっけらかんと「僕はガンらしい」と言ったため、知っていると思い込み、否定せずに「今は医学も進歩しているからね」と同意しながら励ましたら、本人が自殺。家族から責められたという例もある。うつ病などで本人が助けを求められない時は特に、周囲の人の支えが必要だ。常に周りに目を配り、心の傷や病により添える準備を心がけたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 自己陶酔の革命家ごっこ2020年6月19日 自己陶酔の革命家ごっこ 「300・ド・ブラジル」の主宰者、サラ・ウインター容疑者が逮捕された。彼女のことはブラジルの一般メディアが大きく取り扱う前から本コラムで「大統領府前で武装して立てこもっている危ない集団がいる」として紹介したが、それから約1カ月後の逮捕となった。  コラム子からすると、 […]
  • 記者コラム「樹海」=外出自粛でも2週間で抗体所持率50%増の現実2020年6月16日 記者コラム「樹海」=外出自粛でも2週間で抗体所持率50%増の現実 「時間を稼げば良いのだ、と少し気が楽になりました」との読者の声  先週の記者コラム「樹海」《これからが危ない感染ピーク/でも年末にはコロナフリー?!》を読んだアマゾナス州マナウス市在住の読者からメールで、《この感染爆発中の中で、時折気がくじけそうにもなるのですが、科学 […]
  • 同一基準で動ける容易さと、違いを乗り越える努力2020年6月11日 同一基準で動ける容易さと、違いを乗り越える努力  コロナウイルスの感染拡大で在宅勤務が始まって以来、コンピューター(CPU)やソフトが違うと作業手順などが全然違うと実感している。  ソフトの差による手順増は会社でもあったが、在宅だと各自のCPUで作業するため、手順の差が大きくなる。自分のCPU(ノートブック)で作っ […]
  • 《ブラジル》記者コラム これからが危ない感染ピーク でも年末にはコロナフリー?!2020年6月9日 《ブラジル》記者コラム これからが危ない感染ピーク でも年末にはコロナフリー?!  高齢者がブラジル生活を送るにおいて、これから2、3カ月が一番危険な時期ではないか―という気がする。  今までは序の口で、これから「コロナ死者激増」と「大不況」というダブルパンチに見舞われる。今後起こりうるシナリオを列挙すると、以下のようになる。 ▼「4月、5月のコ […]