ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ州連邦裁判所が17日、15日で契約が切れた連邦政府の医療プログラム「マイス・メジコス」の医師37人との契約を半年間更新するよう、サンパウロ市に命じた。契約が切れた医師たちが働いていた市内34の医療機関では、16日から医師の診察が受けられない状況に陥っていた。サンパウロ市では給与などの支払いは市が負担していたが、連邦政府と市との間では今後のあり方が決まっていない。裁判所はこの件も半年間で解決するよう求めている。同プログラムでは、ボウソナロ大統領が派遣医師の大半を担っていたキューバ人医師の資格などにクレームをつけたため、同国の医師が一斉に帰国し、医師不足が深刻化。連邦議会でも、キューバ人医師の復帰を求める法案を検討中だ。
     ◎
 サンパウロ州ヴェラ・クルスで15日、シュラスコパーティをやろうとして爆発が起き、全身の98%の火傷を負ったナタリ・ステファニ・リガライさん(22)が、17日に死亡した。彼女は14日から夫と共に自宅で友人を招いてパーティを開いていた。15日に再度、火を起こすために液体アルコールを注ぎ、火をつけようとしたら爆発。夫も35%の火傷を負って入院中だ。シュラスケイラはポータブル式のものだったという。
     ◎
 15日、サンパウロ市内で結婚式直前の花嫁が、脳血管障害(AVC)を起こして突然死するアクシデントが起き、17日に葬儀が行われた。花嫁のジェシカ・ヴィクトリア・ゲデスさん(30)は、妊娠7カ月だったが、赤ちゃんは緊急に帝王切開を行ったため、無事に生まれた。信じられないドラマのような話だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年1月15日 東西南北  サンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長が13日、レストランやホテル、バーなどの飲食店やイベント会場などで、プラスチック製の食器やナイフ、フォークなどの使用を禁じる条例を裁可した。これで、2021年1月1日以降、違反した施設は罰金を科されることとなる。今年いっぱいはそのための移 […]
  • 東西南北2019年5月8日 東西南北  5日未明、サンパウロ市東部アリカンドゥーヴァで、ラファエル・アパレシード・デ・ソウザさん(23)が、親類の家の前で軍警からの発砲を胸に受けて死亡する事件が起きた。ラファエルさんはこの日、親戚の家に行き、シュラスコを行った後に家の前で従兄弟たちと立ち話をしていたが、その際に彼の […]
  • 東西南北2020年1月24日 東西南北  国際的非政府団体「トランスペアレンシー・インターナショナル」が22日に「世界汚職ランキング」を発表したが、ブラジルは前年よりも1ランク下がり、106位となった。同ランキングでは順位が高い国ほど汚職が少ないとされるが、ブラジルは、69位だった2014年以降、毎年ランクを下げてい […]
  • 東西南北2020年6月18日 東西南北  新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛で、映画館や劇場、サッカースタジアムなどが開かないため、娯楽が減って生活が退屈になりがち。その対策として、野外で映画鑑賞を行う「ドライブイン・シアター」が人気を集めている。サンパウロ市西部バラ・フンダのラテンアメリカ記念館が17日に始 […]
  • 人マチ点描=憧れの選手を追いかけ初来伯=写真=エバンドロ・グエッラ選手と写真を撮る森松未来さん2020年6月2日 人マチ点描=憧れの選手を追いかけ初来伯=写真=エバンドロ・グエッラ選手と写真を撮る森松未来さん  「彼を追いかけて今回初めてブラジルに来たんです!」。コロナ騒動が広まる以前の2月6日に本紙を訪れた森松未来さん(29、愛媛県)は、来伯した動機について興奮気味にそう語った。  森松さんは、1月22日~2月6日までブラジルに滞在した。初来伯を決意させたのは、バレーボー […]