ホーム | ブラジル・グルメ | 驚くほどジューシーな川魚=ランショ・リオ・ドッセ

驚くほどジューシーな川魚=ランショ・リオ・ドッセ

タンバキの炭火焼き

 一口ほおばると、ぎゅっと詰まった旨味と炭火の香ばしさが広がる。そして、驚くほどのジューシーさ…。もう箸が止まらない。
 炭火で焼き上げた身は肉厚で弾力があり、たっぷり脂が乗っている。これは肉ではない。タンバキの炭火焼きだ。

オーナーの坂口さん

 豪快に約30センチ、1キロ程の半身が大皿でどんと運ばれてくる。どんな味付けなのかと聞いてみたら、オーナーの坂口功治さん(70、福岡県)いわく、なんと「こだわりの塩」のみ。
 「魚が旨味を出してくれるから、余計な手を加えず魅力を最大限引き出した。フェイジョアーダ、シュラスコもいいが、川魚もここで味わってもらえれば、外せない伯国料理になる」と自信をのぞかせる。
 日本人なら「魚料理は日本、そして海の魚だろう」と言うかもしれない。だがこのシンプルな炭火焼きは、常識を覆す逸品だ。
 ここは聖市で川魚を存分に味わえる伯国でも数少ない川魚料理店「ランショ・リオ・ドッセ(Rancho Rio Doce)」だ。メトロのアナ・ローザ駅から徒歩5~10分と近い。

店の外観

 以前から「ランショ・ダ・トライーラ(Rancho da Traíra)」との店名で、看板メニュー、トライーラ(雷魚)のフライや、10キロ以上になる巨大ピラルクーをバナナの葉で包み、じっくり炭火焼きにした豪快な料理などで有名だった。
 幾度となくテレビ番組や新聞、雑誌で取り上げられてきた。それが昨年6月に名前を変えて再スタートし、さらなる進化に挑んでいる。

ピラニアのぶつ切りカウデラーダ

 坂口さんが今回お勧めしてくれたのが、2つの新メニュー「ピラニアのぶつ切りカウデラーダ(鍋煮込み/Caldeirada de Piranha)」と、冒頭の「タンバキの炭火焼き(Costela de Tambaqui)」だ。
 カウデラーダは、アマゾナス州都マナウスなどアマゾン河流域の郷土料理。同地ではタンバキなどの魚を煮込むことが多く、別の郷土料理でいうならムケッカに近い。坂口さんはそれにピラニアを頭から尾まで使い、アレンジを加えた。

落ち着いた雰囲気の店内

 記者が待つ食卓に、グツグツと煮え立つ鍋が運ばれてきた。付け合わせのご飯に熱々のスープとピラニアを乗せ、ピロン、ピメンタを和える。
 口へ運ぶと、スープ全体にピラニアのだしが広がり、魚介の香りが鼻から抜ける。坂口さんは「ピラニアから出るエキスが隠し味」と言うが、隠し切れない濃厚な旨味だ。ジャガイモ、トマト、ニンジンにもスープがしみわたり、体を温める。意外にさっぱり食べられて、日本人にも好まれそうな一品だ。
 これから暑くなる今、なぜ煮込み料理なのか。坂口さんは「年中暑いマナウスで、現地の人たちはこの鍋を食べている。だからお客さんにもマナウスの気分を味わってほしい。でもここは冷房がきいているから快適だよ」と笑顔で勧めた。

ビールと相性抜群!チラピアのフライ

 同店では川魚のフライや、大人数で楽しむ巨大ピラルクーの炭火焼きも楽しめる。これらがまた冷たいビールとの相性が最高。これ以上のつまみはちょっと望めない。
 グループ向けの大皿料理を豊富に揃えているが、平日昼には1人向けの定食もある。
 聖市でアマゾン河の美食を堪能できる「ランショ・リオ・ドッセ」。これからの季節、熱々の川魚料理にかぶりつきながら、気の置けない仲間や家族と冷たいビールをグビッとやりたいところだ。


「ランショ・リオ・ドッセ(Rancho Rio Doce)」

・住所
Rua Machado de Assis 556 – Vila Mariana

・電話
11・5571・3051

・営業時間
▼昼
月~金曜日 正午~午後3時
土曜日   正午~午後4時
日曜・祝日 正午~午後5時

▼夜
火~木曜日 午後6~11時
金・土曜日 午後7~午前0時
(月・日曜・祝日は夜の営業なし)

image_print

こちらの記事もどうぞ