ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 昨日付本欄でも報じたサンパウロ市北西部で9月29日に起きた9歳の少女、ライッサ・エロア・カパレリ・ダドーナさん殺害事件は、12歳の少年が殺害したことを正式に認めた。少年によると、学校のフェスタから3・5キロ先のアニャンゲーラ公園まで手をつないで連れて行き、しばらく一緒に遊んだが、手や木材で殴打した後、木の幹に縛り付け、首を絞めたという。少年は殺害の動機などは語っていないが、ライッサさんの親類によると、少年は同じ通りに住んでおり、半年ほど前からライッサさんに近づいていたという。少年は45日間の少年院入院となってが、「12歳は子供ではなく、青少年の刑罰の扱いになる」と見る専門家もいる。
     ◎
 サンパウロ州検察局は、昨年5月1日に起きた、サンパウロ市セントロのビル「ウィルトン・パエス・デ・アウメイダ」の火災・崩壊事故で、6人を殺人罪などの容疑で訴えた。このビルは廃墟同然だったが、セン・テットが占拠して住んでいた。火災により、7人が死亡、2人は行方不明のままだ。なお、検察局は、占拠グループが違法に電力を使用していたことも指摘している。グループはガスボンベやアルコールを使い、料理などもしていたという。
     ◎
 1日のサッカーのリベルタドーレス杯準決勝第1戦。アルゼンチンはブエノスアイレスでの宿敵同士の対戦となった試合は、本拠地で戦ったリーベル・プレイトがボカ・ジュニオルズを2―0で下した。第2戦はボカの本拠地ボンボネーラで22日。両チームは昨年の乱闘事件の印象があるため、とにかく無事に終わることを祈りたい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず2021年6月10日 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず  サッカーのブラジル代表(セレソン)は8日夜、政治的な判断でコパ・アメリカのブラジル開催などを決めた南米サッカー連盟(CONMEBOL)への抗議声明を発表した。だが、コパ・アメリカへの出場ボイコットは行わなかった。9日付現地紙、サイトが報じている。  声明の発表は8日 […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判2021年6月2日 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判  5月31日に急きょ、ブラジルで開催とアナウンスされたサッカーのコパ・アメリカに対し、一部の州が「自分たちの州では開催させない」と強く反発している。5月31日、6月1日付現地紙、サイトが報じている。  コパ・アメリカは通常、国内のいくつかの都市にまたがって開催されるが […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で2021年6月1日 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で  南米サッカー連盟(CONMEBOL)が5月30日、6月に開催予定のコパ・アメリカの開催予定地だったアルゼンチンでの開催をコロナ禍を理由にキャンセル。翌日には一転し、ブラジルでの開催を発表した。5月31日付現地サイトが報じている。  CONMEBOLは5月30日の夜1 […]
  • 《記者コラム》ブラジルはゴッサムシティになったか?2021年6月1日 《記者コラム》ブラジルはゴッサムシティになったか? 法王のピアーダにムカッ!とするインテリ  《バットマンが新シリーズで犯罪撲滅にサンパウロへ来ることが確認された》という5月27日付LegadodaDCサイトの記事(https://legadodadc.com.br/batman-vem-combater-o-cr […]
  • 東西南北2021年5月28日 東西南北  連邦政府文化局のマリオ・フリアス文化局長が、文化局内を銃を持って歩いていると報じられている。その銃は本人名義で登録した9ミリ口径のもので、それをベルトの脇に見えるようにして歩いているという。さらに、そういう状況の中で同氏が部下や下請け業者の人に向かって叫ぶ姿も見られており、文 […]