ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》INCRA総裁ら解任の影に大統領の親友=内部不正の是正に干渉か?=軍と農務省の不満は増大=翻弄されるテレーザ農相

《ブラジル》INCRA総裁ら解任の影に大統領の親友=内部不正の是正に干渉か?=軍と農務省の不満は増大=翻弄されるテレーザ農相

テレーザ農相(Rovena Rosa/Agencia Brasil)

 国立植民農地改革院(INCRA)の総裁で陸軍大将でもあるジョアン・カルロス・ジェズス・コレイラ氏が解任されたことで、ボウソナロ大統領の派閥で構成されている土地問題特別局に対する、軍関係者や農務省からの批判が激しくなってきている。それは、コレイラ氏解任が同局局長でボウソナロ氏の友人であるナブハン・ガルシア氏の私欲による強い干渉によるものとされているためだ。8日付現地紙が報じている。

 INCRAは国内の農地問題を管理する政府機関で、土地を持たない農民に国有地の再分配などを行っているが、その運営にガルシア氏の強い干渉があったようだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ