ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ボルソナロ大統領のPSL離党問題は、これから来年に向けて、不確定な要素を一気に増やしている。まず、大きな問題となるのは来年の全国市長選だ。市長選は各政党にとり、大統領選や知事選に次ぐ意味を持つが、仮にそれまでにボルソナロ氏の新政党への移籍が完了したとしても、統一地方選挙で新政党に当てられる援助額は少ない。一方、PSLは多くの資金は受けられても、ボルソナロ氏抜きでは世間へのアピール力が弱まり、苦戦するのは必至だ。また、党移籍をすることになると、大統領三男のエドゥアルド下議は下院内の外交委員会の委員長職を辞職しなくてはならなくなり、駐米大使承認は苦しくなるという。
     ◎
 8日、サンパウロ市で、ある企業家を脅して100万レアルをゆすり取った容疑で、市警5人と軍警3人の計8人の警官が逮捕された。調べによると、この企業家は今年7月11日、市西部のジャルジンスでの会議に向かったところ、市警らの検問にあい、市北部ジャサナンにある第73署に連れて行かれた。企業家は「株主に詐欺を働いた」などとして市警に脅され、罰金の名目で金をゆすり取られたという。警官が汚職犯罪をでっちあげて、自ら犯罪を行うとは。
     ◎
 10日午前、シンガポールで行われた、サッカーのブラジル代表の親善試合の対セネガル戦。セレソンは試合開始早々に幸先よく1点を先取したが、前半の終了間際にPKを取られて同点とされた。後半は両チーム無得点で、1―1で引き分けた。セレソンはこのところの3試合が1敗2分で勝ち星なし。そろそろ勝利がほしいところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 東西南北2020年9月30日 東西南北  サンパウロ市市長選に立候補しているギリェルメ・ボウロス氏(社会主義自由党・PSOL)が、ボルソナロ大統領を批判したとして、連邦警察から事情聴取を受けることになるという。また、インタビュー中に「ボルソナロ、辞めろ」と叫び、話題となった女子ビーチバレー選手のカロル・ソルベルグが、 […]
  • 東西南北2020年9月26日 東西南北  24日、イポッピによるボルソナロ政権への世論調査が発表され、「良い」が40%で「悪い」が29%と、政権発足後、最良の数字を記録した。ただ、「ボルソナロ大統領への信用度」は「信頼しない」が51%で、「信頼する」が46%だった。一方「悪い」と評価された分野は「失業対策」が60%、 […]
  • 東西南北2020年9月24日 東西南北  米国のタイム誌が22日、「世界で最も影響力のある100人」に、ブラジルからはボルソナロ大統領とユーチューバーのフェリペ・ネットの2人を選んだ。ボルソナロ大統領といえば、今やトランプ大統領と並ぶ“世界的な政治家”。タイム誌が7、8年前に、ジウマ大統領を同様の企画で「進歩的な女性 […]
  • 東西南北2020年9月22日 東西南北  20日に行われた女子ビーチバレーの大会で3位に入った2人組のチームのひとり、カロル・ソルベルグがインタビュー中に突然、「フォラ(やめろ)、ボルソナロ」と大統領を批判する発言を行い、話題となった。ブラジル・バレーボール連盟(CBV)は、この発言に強い不快感を示した。同連盟は、公 […]