ホーム | ブラジル国内ニュース | ボリビア=明日、大統領選を実施=エヴォの4選目なるか?

ボリビア=明日、大統領選を実施=エヴォの4選目なるか?

 20日、ボリビアで大統領選を含む総選挙が実施される。注目は、2006年から現職を務めるエヴォ・モラエス氏が4選を果たせるかだ。18日付ブラジル国内紙・サイトが報じている。
 エヴォ氏は2005、2009、2014年の3回の選挙に勝ち、今回も4選目を狙うが、その道のりは容易ではない。
 一つは、エヴォ氏が16年2月に「大統領4選は可能か」との憲法改正を問う国民投票を行った際、「否定」が上回ったのにもかかわらず、「憲法解釈」を主張して強行に出馬したことにある。
 もう一つは、エヴォ氏が現在、同国の人口の多くを占め、エヴォ氏の血筋でもある先住民の票で苦戦しているためだ。先住民票は、これまでの選挙でもエヴォ氏の大票田だったが、今回は様相が違っている。
 その理由の一つは、エヴォ大統領が、国の主要産業であるコカの生産に関する方針を変えつつあるためだという。これまでのコカの主要産地はユンガスだったが、現在はチャパレでの生産比重を増やしているという。
 さらにもう一つは、エヴォ氏が環境問題を軽視しはじめているためだという。ボリビアでは近年、焼畑が増えており、環境破壊が懸念されはじめている。
 現時点での戦況も、これまでで最も苦戦することが予想されている。
 同国の選挙では、一次投票での当選確定は、「50%以上の得票」、もしくは「40%以上得票し、2位に10%ポイント以上の差をつけた」場合のみだ。
 同国の最近の世論調査を見ると、13日に発表されたイプソスという調査団体のものでは、エヴォ氏が40%で対抗馬の右派カルロス・メーザ氏が22%だが、別の調査機関の調査だと、36・2%対26・9%と差が縮まっている。
 エヴォ氏は、過去3回の選挙では全て1次投票で勝利している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》人種間格差が固定化の傾向=白人の月収は黒人の74%増2019年11月15日 《ブラジル》人種間格差が固定化の傾向=白人の月収は黒人の74%増  ブラジル地理統計院(IBGE)のデータによると、2018年の白人労働者の給与は、黒人、褐色(以下、黒人)労働者の給与を平均74%上回っていることが分かった。14日付現地紙が報じている。  13日に発表された調査書「皮膚の色、もしくは人種の差異による社会的不平等」によると、黒 […]
  • 大卒者も就職難の時代=失業者や時短労働者倍に2019年11月14日 大卒者も就職難の時代=失業者や時短労働者倍に  生産工学専攻で、2018年に大学を卒業したが、失業状態という28歳男性。だが、近年のブラジルではこれは決して珍しい例ではない。  ブラジル地理統計院(IBGE)によると、2014年の第2四半期と今年の第2四半期を比べた場合、大学を卒業したが失業中の人や、何年も失業状態が続い […]
  • 《ブラジル》バイア州で飛行機が墜落=1人が死亡し、9人負傷2019年11月15日 《ブラジル》バイア州で飛行機が墜落=1人が死亡し、9人負傷  バイア州のリゾート地で14日、小型飛行機が墜落し、1人が死亡、9人が重軽傷を負った。14日付現地サイトが報じている。  事故が起きたのは、バイア州南部マラウー市のバーラ・グランデ地区にあるリゾート地で、墜落したのは14時になる少し前だったという。  17時現在ではまだ、乗 […]
  • 《サンパウロ市》暴力からの女性保護施設落成=着工4年、3千平米超の広さ2019年11月13日 《サンパウロ市》暴力からの女性保護施設落成=着工4年、3千平米超の広さ  サンパウロ市中央部カンブシで11日、着工から4年をかけた「ブラジル人女性の家」が完成した。12日付現地紙が報じている。  この施設には、女性保護警察署や検察、公選弁護人事務所、裁判所などの女性保護施設が入っており、家庭内暴力や強姦などの暴行被害に遭った女性を24時間体制で受 […]
  • 《ブラジルサッカー》レアルのロドリゴ(18)代表初召集インタビュー2019年11月13日 《ブラジルサッカー》レアルのロドリゴ(18)代表初召集インタビュー  強豪レアル・マドリッドで旋風を巻き起こしている18歳のブラジル人FWロドリゴが、11月の親善試合で待望のブラジル代表初召集を受け、ブラジルメディアのインタビューに答えた。  ロドリゴは代表初召集に関して、「サッカー選手なら誰でも、代表のユニフォームに袖を通すことに憧れる。昔 […]