ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》原油漂着問題=観光業への影響回避考えた=対応の遅れで環境相が弁明

《ブラジル》原油漂着問題=観光業への影響回避考えた=対応の遅れで環境相が弁明

公聴会の最中に笑みを浮べ、批判を浴びたサレス環境相(Lula Marques)

 【既報関連】8月30日から続く北東部への原油漂着に関し、政府側の対応策や原因及び責任者解明への取り組みについて問うべく、下院が6日にリカルド・サレス環境相を招いた公聴会を開いたが、実態とは程遠い認識や的外れな配慮がされていた事などが明らかになったと6、7日付現地紙・サイトが報じた。
 サレス氏に関しては、原油流出は国際的な環境団体グリンピースによるものと発言したり、アブロリョス諸島への原油漂着で海軍などが慌しく動く最中、サンパウロ州の海岸で休日を楽しんだりと、対応の遅さや判断の歪みに批判が集まっている。
 公聴会は、アマゾン問題委員会や国家統合・地域開発委員会、労働・管理・公共サービス委員会が合同で行った。与野党議員から対応の遅れを指摘された環境相は、「政府の対応は原油漂着の情報を受け取ると共に始められた」が「実際以上に報じられ、風評被害も含む影響が観光業に及ぶのを避けるため、情報公開のあり方には最大限の配慮をした」と答えた。
 他方、「政府は速やかに緊急対応用キットを配布したのに、ボランティアが無防備ないでたちで原油回収に当たっていると報道した」とメディアを批判。「観光に依存している地域だから、原油塊を取り除いたら海岸に入っても大丈夫だと観光客にアピールするよう努めてきた」ともいう。
 また、政府の対応の遅れは、「現政権は財政的に破綻した状態で国の運営を任された」ため、動きたくても動けないとして、過去の政権に責任を転嫁。議員達が口論したりする姿を見て笑みを漏らし、反発なども招いた。
 環境相は途中退席し、「準備が出来ていない」と批判されたが、同氏が公聴会半ばで退席するのは3度目だ。
 なお、原油流出源に関しては、アラゴアス連邦大学などが衛星写真の解析を続けた結果、7月24日にリオ・グランデ・ド・ノルテ州沖に原油らしい帯が出来ていた事や、その傍に大小2隻の船が存在した事が確認された。これで、ギリシャのデルタ・タンカーズ社の船からの流出説は見直されそうだ。
 原油漂着域はバイア州最南端のムクリ市まで広がり、エスピリトサント州でも漂着に備えた訓練や人員配備を始めた。アボロリョス国立海洋公園への入場停止措置は13日まで延長された。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アマゾン日本人移民90年の歩み=ベレン在住 堤剛太=(5)2019年8月15日 アマゾン日本人移民90年の歩み=ベレン在住 堤剛太=(5)  アマゾン地方への玄関口と呼ばれる、100万都市パラー州べレン市。アンデス山脈中に端を発するアマゾン河は、東へ一路6500キロの長い行程を経てべレンの北端を通過し、やがて大西洋の河口へとたどり着く。このアマゾン河流域だけでも700万平方キロメートルと、ブラジル国土の56 […]
  • 《ブラジル》原油汚染にNGO関与?=サレス環境相が問題発言=下院議長からも批判される2019年10月26日 《ブラジル》原油汚染にNGO関与?=サレス環境相が問題発言=下院議長からも批判される  【既報関連】8月30日から続くブラジル北東部への原油漂着に関連し、リカルド・サレス環境相が24日、国際環境NGO(非政府団体)のグリーンピースが関与している可能性があるとツイッターで攻撃し、下院議長から批判を受けたと24、25日付現地紙、サイトが報じた。  グリーン […]
  • 北東伯海岸への原油漂着に関する「最悪の想定」2019年10月29日 北東伯海岸への原油漂着に関する「最悪の想定」 ブラジル沿岸部における史上最悪の環境破壊  想像してほしい。たとえば故郷の美しい海岸の見渡すかぎりが、真黒な原油の塊でベトベトになっている様子を…。そこでは人はもちろん、鳥もウミガメも、魚すらも汚染され、次々に健康を害していく。  8月30日に最初の原油漂着が発 […]
  • 《ブラジル》連邦下院=原油漂着問題でCPI設置?=マイア議長が4日までに決断2019年11月1日 《ブラジル》連邦下院=原油漂着問題でCPI設置?=マイア議長が4日までに決断  ロドリゴ・マイア下院議長が10月31日にサンパウロ市で、北東部への原油漂着に関する議会調査委員会(CPI)設置の可否を4日までに決断する意向と発言したと同日付現地紙サイトが報じた。  CPI設置の要請者はペルナンブコ州選出で社会党(PSD)のジョアン・カンポス下議で […]
  • 《ブラジル》フル代表と五輪代表合わせて46人を発表2019年8月17日 《ブラジル》フル代表と五輪代表合わせて46人を発表  ブラジルサッカー連盟は16日、9月に行われる親善試合のため、フル代表と五輪代表(22歳以下)の代表選手、合わせて46人を発表した。  まず、フル代表は以下の通り。  〈キーパー〉エデルソン(マンチェスター・シティ)、ウェヴェルトン(パルメイラス)、イヴァン(ポンテ […]