ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジルサッカー》レアルのロドリゴ(18)代表初召集インタビュー

《ブラジルサッカー》レアルのロドリゴ(18)代表初召集インタビュー

 強豪レアル・マドリッドで旋風を巻き起こしている18歳のブラジル人FWロドリゴが、11月の親善試合で待望のブラジル代表初召集を受け、ブラジルメディアのインタビューに答えた。
 ロドリゴは代表初召集に関して、「サッカー選手なら誰でも、代表のユニフォームに袖を通すことに憧れる。昔からずっと知っている素晴らしい選手たちとプレーできるなんて光栄だ」と、夢が叶った喜びを語った。
 ロドリゴは今年1月にU20、10月にオリンピック代表と招集されてきて、今回が初のフル代表。だが、チッチ監督はそれ以前からロドリゴを調査し続けていた。
 「チッチが僕のことをずっと見ていたのは知っているよ。初めのころは左サイドばかりのプレーで、右はあまりうまくできていなかった。でも、今は右もできるし、真ん中だって、どこでもプレーできる」と成長をアピールした。
 ロドリゴといえば、今月7日の欧州チャンピオンズリーグのガラタサライ戦でハットトリックを記録し、一躍世界のサッカー界でも注目の選手に躍り出た。そのことに関して訊かれたロドリゴは、「1点ならまだしも3点はね。ちょっと僕もこれは説明できないな」と、チャンピオンズリーグの長い歴史でも、史上2番目の若さで達成した偉業に自身でも驚いた様子を示した。
 すでに「次代のサッカー界を背負う存在」と目されているロドリゴには、現在のサッカー界のスター選手に関しての質問も飛んだ。
 まず「メッシとネイマールではどちらが偉大?」との質問には、「僕はブラジル人だし、ネイマールってこたえなきゃ」と答えた。ネイマールは今回、召集を見送られている。
 また、レアルにおいて、昨年チームを後にしたクリスチアーノ・ロナウドの後継者と期待されていることに関しては、「クリスチアーノ・ロナウドの後釜につくには、僕はまだ若すぎる。彼はレアル・マドリッドの歴史の中でも最高の選手の一人だったんだから。あまり自分にプレッシャーをかけずにいきたい」と語った。
 ブラジルは15日にサウジアラビアでアルゼンチン代表と、19日にアラブ首長国連邦のアブダビで韓国代表と戦う。(12日付グローボエスポルテなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コパ・アメリカ=ネイマール不在で新星が台頭=世界も「リトル・オニオン」と注目のエーヴェルトン2019年7月2日 コパ・アメリカ=ネイマール不在で新星が台頭=世界も「リトル・オニオン」と注目のエーヴェルトン  サッカーのコパ・アメリカは2日に準決勝を迎えるが、「この大会で最も飛躍した選手」として、ネイマール不在の穴を埋める活躍を見せているブラジル代表のエーヴェルトン(グレミオ、23)の名前を挙げるメディアが目立っている。  エーヴェルトンは18年のW杯終了後、チッチ新体制 […]
  • チッチに「遊び采配」のすすめ2018年11月23日 チッチに「遊び采配」のすすめ  ベスト8止まりで終わったサッカーのW杯ロシア大会の後、セレソンは現状で6連勝を続けている。数字だけで見ればいい結果を残しているように見えるが、コラム子はこの試合内容があまり好きではない▼なぜか。それはこれらの勝利が、W杯のときとほぼ変わらない陣容でのものだからだ。出場 […]
  • FIFA最優秀選手=ネイマールとマルセロが候補に=チッチも監督部門でノミネート2017年8月18日 FIFA最優秀選手=ネイマールとマルセロが候補に=チッチも監督部門でノミネート  国際サッカー連盟(FIFA)が17日、今年の最優秀選手(FIFA THE BEST)の候補24人を発表し、ブラジルからはネイマール(バルセロナ→PSG)とマルセロ(レアル・マドリッド)の2人が選ばれた。  今年は例年と違い、サッカー強豪国からの選手の選出がほぼ均等となったが […]
  • W杯南米予選=セレソンが快進撃で5連勝=チッチ監督の成功の秘訣は?2016年11月12日 W杯南米予選=セレソンが快進撃で5連勝=チッチ監督の成功の秘訣は?  チッチ新監督のもと、セレソンがW杯南米予選で破竹の5連勝を記録中。11節終了時点で勝ち点27点で首位と、好調を続けている。  それにしても、チッチ氏にバトンタッチされる前と後のセレソンは、全く別のチームのようになっている。チッチ氏が9月に采配を引き受けるまでは、W杯進出 […]
  • サッカーW杯南米予選=ブラジル2勝目で勝ち点6=ネイマール代表得点歴代2位に2020年10月15日 サッカーW杯南米予選=ブラジル2勝目で勝ち点6=ネイマール代表得点歴代2位に  サッカーのブラジル代表チームは12日のW杯南米予選のペルー戦で、終始先行されるなどデフェンスの弱さとクリエイティブなプレーの欠如に苦しむ中、ネイマールがハットトリックで押し返して4対2で下した。また、期待のリシャルリソンは、184センチの長身を活かしたプレーで存在感を […]