ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 先週、滞在先の米国フロリダ州オーランドの別荘で事故に遭い、60歳の若さで急死した人気司会者ググ・リベラトの告別式が、28日の正午過ぎからサンパウロ州議会の記念サロンで行われている。式には遺族のほか、生前に親交のあった芸能人や政治家などの有名人や、彼の長年のファンたちが数多く詰めかけ、米国から送られてきたググの遺体を前に、別れを惜しんだ。遺体の傍らには、ググの芸能界での人生を支えた師匠、名司会者シルヴィオ・サントスが贈ったものをはじめ、芸能関係者などからの花輪が多数添えられていた。告別式は本日午前10時までで、遺体はサンパウロ市内モルンビのゲッツェマネ墓地にあり、父親が眠る家族の墓に埋葬される。
     ◎
 2011年7月、サンパウロ市内西部のイタイム・ビビで、現在は44歳となった男性が運転していた高級車ポルシェが女性弁護士の運転していた車と激突し、車は大破。女性を殺害してしまう事件が起きて、話題になった。同件の裁判は26日にサンパウロ州地裁で行われ、ポルシェを運転していた男性に6年の実刑判決が下った。男性は事件当時、酒に酔い、時速116キロで運転していた。この男性は事件当日に逮捕されたが、30万レアルの保釈金を払って釈放されていた。
     ◎
 27日の夕方、サンパウロ大都市圏で強い雨が降り、各地で倒木や冠水などが起きた。この春はまだ、この時期ではおなじみの雨による被害の報道が少ないが、この雨で11月の主要水系の月間降水量はどこも大体100ミリを超えた上、残り数日の雨量次第で月間平均降水量に届く可能性さえある。水害は嫌だが、雨はほしい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ》感染拡大で州全域に外出自粛厳格化=あと4週間でICU占有率100%に?=20時以降は営業禁止、昨年6月水準に逆戻り2021年1月23日 《サンパウロ》感染拡大で州全域に外出自粛厳格化=あと4週間でICU占有率100%に?=20時以降は営業禁止、昨年6月水準に逆戻り  サンパウロ州保健局は22日、新型コロナ対策としての外出自粛規制を見直し、7地区が5段階中最低の赤レベルに指定され、サンパウロ大都市圏を含む他の地域が2番目のオレンジ・レベルとなった。月〜金曜日の20時から翌朝の午前6時、土、日、祝日に関しては州内全域が赤レベルとなる。 […]
  • 《ブラジル》サンパウロ市で17日ワクチン接種開始=許可出るも中国製のみ調達済=英国製届かず大統領面目丸つぶれ2021年1月19日 《ブラジル》サンパウロ市で17日ワクチン接種開始=許可出るも中国製のみ調達済=英国製届かず大統領面目丸つぶれ  国家衛生監督庁(ANVISA)は17日、コロナウイルスのワクチンとして緊急使用願いが出されていた「コロナバック」「オックスフォード・ワクチン」の二つを満場一致で承認した。25日からコロナバックの接種開始とかねてから発表していたサンパウロ州では、17日の内にさっそく前倒 […]
  • 《サンパウロ州》外出自粛規制が7地区で降格・厳格化=マリリアは最低レベルに2021年1月16日 《サンパウロ州》外出自粛規制が7地区で降格・厳格化=マリリアは最低レベルに  15日、サンパウロ州保健局が前回から1週間という異例の早さでコロナウイルスの外出自粛規制の見直しを行い、1地区が5段階中最下位の赤レベル、7地区が下から2番目のオレンジ・レベルに落ちて厳しくなった。大サンパウロ市圏は変わらず黄レベル(3番目)だった。15日付現地サイト […]
  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]
  • 東西南北2021年1月15日 東西南北  13日に行われたリベルタドーレス杯準決勝第2試合で、サントスは本拠地の利をいかんなく発揮し、アルゼンチンの強豪ボカ・ジュニオルズに3―0で圧勝。第1試合が引き分けだったため、これで決勝に進出することが決まった。ボカはチームの功労者で昨年11月に急死したばかりのマラドーナに優勝 […]