fbpx
ホーム | Free | ブルーツリー=今年も元旦おせち予約受付中=白石テルマシェフが腕振るう

ブルーツリー=今年も元旦おせち予約受付中=白石テルマシェフが腕振るう

昨年のおせち料理(参考写真)

 サンパウロ市のブルーツリー・プレミアム・パウリスタ(Rua Peixoto Gomide, 707, Cerqueira César )は2020年1月1日(水)午後1時から、令和初の「正月のおせち料理」を楽しむ特別サービスを実施する。先着100人。

シェフの白石テルマ氏

 13回目を迎えた今年は日本食普及の親善大使、白石テルマシェフとノア・ガストロノミアがおせちと国際色溢れるビュッフェを用意する。
 おせちは、栗きんとん、なます、田作り、黒豆、煮物、だし巻き卵、海老のうま煮、牛巻き、お雑煮、あんみつなどを味わうことができる。
 予約は1人250レアル(ノンアルコールドリンク付き、サービス料10%加算)。5歳以下は無料、6~10歳は半額。
 来社した内村明美さんは「サプライズのショーも用意しているので、ぜひご家族やご友人とお正月を楽しみにきてください」と呼びかけている。
 予約や問合せは電話(11・3147・7000、11・99831・1328、内村明美)、又はメール(kakemi@bluetree.com.brgestor@noah.com.br)まで。日本語で対応可能。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》解体部品で車を改造・販売=盗難車の墓場も発見2020年10月27日 《サンパウロ州》解体部品で車を改造・販売=盗難車の墓場も発見  サンパウロ州市警が26日、内陸部バレットス地方で「デスモンテ(解体)作戦」を敢行し、車を盗んで解体・改造を繰り返し、ぼろ儲けしていた犯罪組織を摘発した。  「デスモンテ作戦」の対象となったのは、サンパウロ州内の7市(フランカ、グアイーラ、イツヴェラヴァ、ジャルジノー […]
  • 《ブラジル》国家衛生監督庁が中国製ワクチン輸入承認=サンパウロ州知事の意見通る=治験と技術移転に不可欠=国内製造分の判断は今後2020年10月27日 《ブラジル》国家衛生監督庁が中国製ワクチン輸入承認=サンパウロ州知事の意見通る=治験と技術移転に不可欠=国内製造分の判断は今後  ボルソナロ大統領とジョアン・ドリア・サンパウロ州知事との間で、新型コロナウイルスに対するワクチンを巡る争いが激化する中、ブラジル国家衛生監督庁(ANVISA)が、ドリア知事が推進する中国製ワクチン「コロナバック」の中国からの輸入を認めた。24日付現地紙が報じている。 […]
  • 《サンパウロ市市長選》サバラ候補に失格命令下る=党除名に続き副候補撤退で2020年10月27日 《サンパウロ市市長選》サバラ候補に失格命令下る=党除名に続き副候補撤退で  サンパウロ市市長選候補のフィリペ・サバラ氏が25日夜、所属政党からの追放と副候補の撤退を理由に出馬資格失格の処分を受けた。26日付現地紙が報じている。  これは24日に、サバラ氏の所属政党だったノーヴォが、副候補のマリア・エレーナ氏が選挙から引き上げることを理由に、シャッパ […]
  • 東西南北2020年10月27日 東西南北  ハロウィンもまだ終わっていないのに、サンパウロ市セントロの3月25日通りや市内の各ショッピングセンターではもう、クリスマス商戦がはじまっている。場所によってはもうクリスマスツリーが飾られているし、パネトーネも店頭に並びはじめて久しい。例年よりもかなり早い展開だ。関係者はその理 […]
  • 《記者コラム》「中国はすでに世界一の経済」は本当か?2020年10月27日 《記者コラム》「中国はすでに世界一の経済」は本当か?  有名エコノミストのセルソ・ミンギ氏は10月16日付エスタード紙のコラムの見出しに《中国はすでに世界一の経済》と書いた。  その本文冒頭にも《重要な経済指標の一つによれば、米国はすでに世界一ではない。中国はすでに国内総生産(GDP、ポ語はPIB)で凌駕した。最大である […]