ホーム | 日系社会ニュース | 鹿児島県人会=敬老会兼忘年会に約70人=郷土菓子を作って高齢者接待

鹿児島県人会=敬老会兼忘年会に約70人=郷土菓子を作って高齢者接待

忘年会参加者の記念写真

 鹿児島県人会(上園モニカ会長)は「敬老会及び忘年会」を11月24日午前11時から、サンパウロ市ジャバクアラ区の同会館で開催した。約70人の会員らが出席し、青年部や婦人部が用意した料理に舌鼓を打ちながら親睦を深めた。
 冒頭、上園会長は挨拶に立ち、「長くブラジル鹿児島県人会が活動を続けられているのは、皆さんの尽力のお陰。皆様への感謝の気持を込めて青年部と婦人部が作ったふくらかんを召し上がってください」と会員への謝辞を示した。
 同郷の先人へ1分間の黙祷後、敬老会として、75歳以上の会員らは青年部と婦人部が作った鹿児島県奄美大島の郷土菓子「ふくらかん」を受け取った。1人1人が自己紹介とコメントを述べ、可愛らしい会員の子供らから菓子を手渡されると、会員らは喜びの笑顔を浮かべた。
 挨拶に立つ高齢者の中に、ブラジル海軍と所縁のある人物が2人いた。そのうちの1人、神園巖さん(82、二世)は、アマゾナス州マウエス出身。崎山比佐衛が創設した海外植民学校を兄が卒業した後、家族でアマゾンへ移住した。
 移住後すぐに神園さんが生まれ、海軍で働き、最後は大尉になった。神園さんは、「こうして皆で集まることができるのは嬉しいこと」とコメントした。
 もう1人は、和田スマコさん(85、二世)。日系軍人で歴代最高位の海軍中将を務める和田典明さん(59、三世)が息子だ。スマコさんは「嬉しいプレゼントをありがとう」とニコニコと微笑んだ。
 忘年会には、イビウーナ支部の25人の敬老者を代表し、久保勝男さん(76、鹿屋市)が参加。「若い人たちがこうして毎年皆を呼んで祝ってくれるので、皆十分体に気をつけて楽しみましょう」と語った。
 出席者らはプールを前に並び、集合写真を撮影。その後、井料堅治(いりょうけんじ)さん(87、加世田市(現南さつま市))が乾杯の音頭を取り、昼食会が始まった。
 昼食会後は、ビンゴやカラオケで盛り上がり、同郷の仲間との1日を楽しんだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ≪記者コラム≫本紙サイトの使い方とPDF版購読の薦め2020年11月24日 ≪記者コラム≫本紙サイトの使い方とPDF版購読の薦め  「10月になってから配達がひどくなった」「11月の新聞が一回も来ていない」「古新聞がまとめてドサッとくる」など、読者からの苦情の電話を毎日お聞きして、本当に心苦しい。サンパウロ市地域は本紙モトケイロが配達して回るから、変わらない。  だが、それ以外の地域の新聞配達を […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 東西南北2020年11月5日 東西南北  3日に行われた米国大統領選は稀に見る大接戦となり、4日昼現在でも7州で決着がついていない。3日から翌4日朝にかけては、ブラジルでもテレビ、新聞共にこの話題一色。ブラジルの場合、ボルソナロ大統領がトランプ氏を敬愛している関係だけに、同氏が勝利するか否かで対米関係が大きく変わって […]
  • 秋の叙勲=多彩な分野から12人受勲=安部元下議、山村氏、ヨコタ氏ら=音楽、交流、金融、学術など2020年11月4日 秋の叙勲=多彩な分野から12人受勲=安部元下議、山村氏、ヨコタ氏ら=音楽、交流、金融、学術など  日本政府は秋の叙勲受章者を3日に発表した。ブラジルからは邦人叙勲5人、外国人受勲7人の12人が受勲した。受勲者と功績は次の通り。(敬称略)   【日本国大使館推薦叙勲受章者】 〈邦人叙勲〉 ▽平駒治(89)=旭日双光章=元ブラジリア日伯文化協会会長、 […]
  • ■訃報■元サンパウロ新聞デスク 田中敬吾(たなか けいご)さん2020年10月14日 ■訃報■元サンパウロ新聞デスク 田中敬吾(たなか けいご)さん  元サンパウロ新聞社会部次長(デスク)の田中敬吾さんが10日夜11時半、入院先のサンタクルス病院で急性腎不全のために亡くなった。行年89歳。通夜と葬儀は11日に親族だけで執り行った。四十九日法要は11月28日(土)10時から別院日伯寺(Av. Paula […]