ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 本日付で報じたボルソナロ大統領に関する世論調査は、6日付ヴェージャ誌でも行っている。それによると、2022年の大統領選でのボルソナロ氏は、「ルーラ元大統領やセルジオ・モロ法相が出馬してこない限りは再選」との結果を得ている。だが、その一方で、国民の40%が「ブラジルでは民主主義が侵される危険性が高くなっている」と感じており、さらに、80%もの国民が、「ブラジルは独裁政治に戻るべきではない」と考えていることもわかっている。ダッタフォーリャでは「経済が良ければそれで良し」的な結果も出ていたが、国民はその言動もしっかり見ているということか。
     ◎
 全国72カ所のポウパテンポで、クリスマスに向けたキャンペーンとしての、食料品の寄付を集めている。対象となるのは、米やフェイジョン、砂糖、小麦粉、油、粉ミルクといった保存食品類だ。キャンペーンは今月3日からはじまっており、18日まで品物を受け付ける。寄付された食料品は地域の教会などに集められた後、いわゆる「セスタ・バジカ」と呼ばれるセットにされ、貧しい家庭に配られる。少しでも多くの家庭が、クリスマスを心豊かにすごせるよう願うばかりだ。
     ◎
 サッカーの15歳以下(U15)の南米選手権の決勝が8日にパラグアイで行われ、ブラジル代表がアルゼンチンをPK戦(試合は1―1)の末、5―3で下し、優勝を飾った。2004年の同杯開始以降、ブラジルは5回目の優勝となる。同年齢でのW杯は存在しないのでこれまでになるが、今後の選手たちの成長に期待したい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年10月5日 東西南北  大統領選の世論調査で依然として高い人気を誇りながらも沈黙を守っているマリーナ・シウヴァ氏は3日、フォーリャ紙主宰のフォーラムに参加。そこで同氏は、専門の環境問題に関し、「政治混乱に乗じ、議会で保守的な勢力が強くなったために、環境問題が犠牲となっている」と批判。ラヴァ・ジャット […]
  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]
  • 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!2020年1月2日 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!  2020年の夏季五輪は56年ぶりの東京開催となる。様々な競技への興味がつきないが、ブラジルとしてはやはりサッカーを欠かすわけにはいかない。そこで、本紙きってのサッカーファン、井戸規光生記者と沢田太陽記者が今回もサッカー対談を行い、前回リオ大会で待望の金メダルを獲得した […]
  • 東西南北2019年12月21日 東西南北  今年もあと2週間を切ったが、サンパウロ市民にとって年明けに気がかりなことの一つはバス代の値上げだ。昨年は3・8レアルから4レアル、今年も4レアルから4・3レアルに値上がりしており、来年はいくら上がるかとビクビクしている人もいるが、アゴラ紙によると、市は0・10レアルの値上げ、 […]
  • 《南米サッカー》2022年カタールW杯の予選対戦順が決定=リベルタ杯の組み分けも決まる2019年12月19日 《南米サッカー》2022年カタールW杯の予選対戦順が決定=リベルタ杯の組み分けも決まる  来年3月から始まるカタールW杯南米地区予選の対戦順と、クラブチーム南米王者の座を争う、来年のリベルタドーレス杯の組み合わせの抽選が17日に行われた。  2022年にカタールで行われるW杯の南米出場枠は4・5で、南米サッカー連盟加盟10カ国がホーム・アンド・アウェー方 […]