ホーム | 日系社会ニュース | 茶道裏千家、30人に許状授与=宗旦忌茶会へ100人超出席

茶道裏千家、30人に許状授与=宗旦忌茶会へ100人超出席

茶会の様子(センター提供)

 茶道裏千家ブラジルセンター(林宗一代表)は茶会「宗旦忌」を11月24日、ブラジル日本文化福祉協会ビルの裏千家教場「伯栄庵」にて行った。宗旦忌は、裏千家の礎を築いた千宗旦の追善の茶会だ。
 当日はリオデジャネイロ州、パラナ州からの参加もあり、100人以上の会員が参加した。
 クレシオ・宗和・サントスさん、小笠原宗晴さんにより、千宗旦の茶をささげる供茶(くちゃ)が行われ、家元が生徒に次の段階について学ぶことを許可する許状を授ける「許状引次式」では、林宗一代表から武田横畠宗有さんとノルマ・宗惠・ペレスさんに準教授、他約30人に許状が授与された。
 その後も七事式、濃茶席、点心席、薄茶席が行われ、会員手作りの料理、茶菓子も味わいながら、会員間の交流を楽しんだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 特別寄稿=29日は市長の決戦投票日=成るか左翼の政権奪還=サンパウロ市在住  駒形秀雄2020年11月25日 特別寄稿=29日は市長の決戦投票日=成るか左翼の政権奪還=サンパウロ市在住  駒形秀雄  今週末29日(日曜日)には、サンパウロ市を含む全国の市長を決める決戦(第二次)投票が行われます。  「何だ、たかが地方の市長選挙か」と侮ってはいけません。  サンパウロ市の場合、800万人の有権者が参加する大選挙なのです。  選挙前の予想を覆して現在、決選投票に残ったの […]
  • 本村末廣氏子孫の消息求む2020年11月24日 本村末廣氏子孫の消息求む  小川和久氏(静岡県立大学特任教授)は、母親・フサノさんの伝記執筆を考えており、そのために母親と共に移住した本村末廣氏(もとむら・すえひろ、熊本県出身)の消息情報や子孫の連絡先を探している。  小川氏の母・フサノさんは親戚の本村さん夫妻と、1917年4月20日日本発、6月15 […]
  • 東西南北2020年11月14日 東西南北  明日15日はいよいよ統一地方選の投票日だ。投票所に人が群がることでコロナウイルスの感染を気にする人も少なくはないだろう。だが、選挙高裁はすでに「コロナ禍を恐れることは、国民の投票義務回避の理由にはならない」との見解を示している。選挙当日、発熱その他のコロナの兆候を示すものがあ […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第73話2020年11月12日 中島宏著『クリスト・レイ』第73話  この平野植民地は、第一回移民の時に通訳として移民たちと共に現場であるブラジル人農場に入り、彼らと苦労を共にした平野運平という人物が、独立自営の集団植民地として開拓を始めた所である。  笠戸丸で、集団としての日本人移民たちが初めてサントス港に着いたのは、一九0八年の六月一八日 […]