ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》不動産買えば永住ビザ?=情報不足か、なかなか機能せず

《ブラジル》不動産買えば永住ビザ?=情報不足か、なかなか機能せず

 自国の高額不動産を買う外国人に永住ビザを与えることで国外から富裕層を呼び込む動きが、米国や欧州諸国で盛んだ。
 ブラジルでも同様の政策を打ち出して国外からの富裕層を呼び込もうとしているが、なかなか制度が機能していない。
 国によって制度に細かな違いがあるが、ブラジルの制度はポルトガルの“ゴールデンビザ”を参考に作られた。
 しかし、開始から1年が過ぎ、途中経過を集計すると、ブラジルでは、関係者が思い描いたようには進んでいない。
 昨年10月から今年にかけて、ブラジルが不動産を購入した外国人に居住ビザを与えた例は9件だけだ。2012年にこの制度を始めたポルトガルは、同年とその翌年だけで500人にビザを与えた。
 ブラジルでは、北東部9州、北部7州では最低70万レアル、その他の州では最低100万レアルの不動産を購入すると、定住ビザを申請できる。
 不動産は既に完成しているものでも良いし、建設計画中のものでも良い。また、住宅でも商業用でも良いが、「都市エリア」の不動産限定だ。
 ブラジルでは都市エリアと農村エリアのように、土地の法的ステータスが区分されており、農村エリアの高額な大型別荘などを外国人が買っても、ビザを申請することはできない。
 今年はレアルが下落したため、外国人にとってはブラジルの不動産は割安で、購入意欲も高まるはずだった。
 不動産関係者は、ブラジルでこの制度がなかなか進まないのは、プロモーションに問題があるからとしている。
 「ビザ取得とセットにした外国人向け高級物件の情報は、私のところですら入ってこない」と語るのは、サンパウロ州不動産仲介業者審議会会長のジョゼ・アウグスト・ビエイラ・ンネット氏だ。
 同氏は、政府がこの政策をもっと盛んにしたのならば、プロモーション活動を見直すべきとしている。「高額不動産のエリアでブラジルが持っているポテンシャルは、非常に高い。景気回復が遅いとばかり文句言ってないで、高額不動産を買って永住ビザを手に入れましょうと富裕層の外国人にもっと呼びかけたらどうか」と語る。
 最初の1年目は振るわなかったが、ブラジル国内の景気がもどり、魅力的な物件が市場に出てくれば、2年目以降、ビザを申請できる高額不動産の需要は増すだろうと政府は見ている。(15日付エスタード紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コロナ禍=検査キット期限切れで大量廃棄?=感染再増加中に686万人分も=ICU占有率や死者数も急上昇2020年11月24日 《ブラジル》コロナ禍=検査キット期限切れで大量廃棄?=感染再増加中に686万人分も=ICU占有率や死者数も急上昇  【既報関連】新型コロナウイルスの感染者や死者が再び増えている中、サンパウロ州グアルーリョス市で保管されている新型コロナの検査キット686万人分が廃棄処分となる可能性があると22日付エスタード紙が報じた。  グアルーリョス市で保管中の検査キットは715万人分で、その9 […]
  • 東西南北2020年11月24日 東西南北  29日の市長選の決選投票を前に、影響力のある政治家たちが誰の支持表明をするかに注目が集まっている。21日、ひときわ目立つ応援例が見られた。それは元サンパウロ市市長のマルタ・スプリシー氏だ。この日、自らの票田だったサンパウロ市南部パレリェイロスに現れたマルタ氏は、法王専用車みた […]
  • ≪記者コラム≫本紙サイトの使い方とPDF版購読の薦め2020年11月24日 ≪記者コラム≫本紙サイトの使い方とPDF版購読の薦め  「10月になってから配達がひどくなった」「11月の新聞が一回も来ていない」「古新聞がまとめてドサッとくる」など、読者からの苦情の電話を毎日お聞きして、本当に心苦しい。サンパウロ市地域は本紙モトケイロが配達して回るから、変わらない。  だが、それ以外の地域の新聞配達を […]
  • JH=新機軸「日伯散策」12月6日=日伯所縁の地を歩いて巡る=125周年「生中継を視聴して」2020年11月24日 JH=新機軸「日伯散策」12月6日=日伯所縁の地を歩いて巡る=125周年「生中継を視聴して」  日伯外交樹立125周年を記念して、ジャパン・ハウス(エリック・クルッグ館長)は12月6日午前10時から「カミーニョス・ブラジル・ジャポン」(日伯散策)を開催する。サンパウロ市の日本移民や日本文化に所縁のある場所を歩いてたどりながら、それをオンライン(https://w […]
  • カンピーナス=野口英世胸像のプレート再設置=盗難受け、福島県人会再製作2020年11月24日 カンピーナス=野口英世胸像のプレート再設置=盗難受け、福島県人会再製作  ブラジル福島県人会(今井マリーナ由美会長)は、カンピ―ナス日伯文化協会(花田忠義会長)とサンパウロ州カンピーナス市役所協力のもと、野口英世胸像に青銅鋳物プレートを再設置した。  数年前にこのプレートは盗難避難に遭っていた。永山八郎県人会前会長の強い要請を受けて、20 […]