ホーム | 日系社会ニュース | 「次の選挙に向け新しい動きを」=下本氏、第4回日系運動シンポ

「次の選挙に向け新しい動きを」=下本氏、第4回日系運動シンポ

左から谷口氏、下本氏、西尾氏

 下本八郎元サンパウロ州議が主催する第4回日系政治運動シンポジウム(Movimento Politico Nikkei)が6日昼、サンパウロ市のブラジル日本文化福祉協会ビルで行われた。ゲスト講演者には、県連日本祭り実行委員長の谷口ジョゼ氏、宮坂国人財団の西尾ロベルト理事長が招待された。

レジス・ヤスムラ副市長

 冒頭挨拶で呼びかけ人の下本元州議は「前回選挙では、サンパウロ州で日系社会に縁が深かった3下議が落選し、まったく関係のない片桐キム下議らが当選した。州議もしかり。日系社会には日系政治家が必要であり、なにか新しい動きが必要だ。今回もそれをしっかり議論して」と主旨を説明した。
 当日はグアラチンゲーター市のレジス・ヤスムラ副市長、サンパウロ市のロドリゴ・ハヤシ・ゴウラル市議、羽藤ジェオルジ同市議、他の市議補佐官らと日系メディア関係者ら、計約20人が参加した。
 谷口氏は「やはり日系人の政治家の方が何かと頼みやすい。県連日本祭りでも政治家の助けは必要。日系社会としても、次の選挙では票を集中させるように何か手を打つべきでは」との意見をのべた。

ロドリゴ・ハヤシ・ゴウラル・サンパウロ市議

 一方、西尾氏は「少し違う視点から話したい。百周年の時にはゴウラルのお父さん(当時サンパウロ市議、本人は非日系で妻が日系人)にもとても助けられた。その他、いろいろな政治家、文化局長など。多くの政治家の世話になっておいて、選挙だからといって誰か一人だけに票を集めるのは難しい」との体験を語った。
 さらに宮坂国人財団では運用益から毎年200万レアルを日系団体に支援しているが、「全伯に500団体以上あるから、あっという間に財源が無くなる」との現実もあるそう。さらに「私の子どもは3人とも政策重視、日系政治家には投票していない」とも語り、若い世代は「日系人の顔だから」という理由だけで投票しない。「日系らしい政策議論」を深める必要があるとの考えを示した。

羽藤ジェオルジ・サンパウロ市議

 それに対して政治家側からは、次のようなコメントが聞かれた。ヤスムラ副市長は「来年の地方選挙で勝つためには、今すでに運動していないと間に合わない。日系人は200万もいるのだから、その投票行動に関してもっと調査すべき。私は3時間かけて車でここに来ているが、サンパウロ市の政治家で出席していない人がいるのは残念」とのこと。
 ゴウラル・サンパウロ市議は「我々は日系社会のことだけをやっている訳にはいかない。選挙だからと票を求めて有権者に近づくのは間違っている。普段からしている活動が評価され、結果的に票が集まるのだ」と語った。
 下本氏は来年のシンポ実施日程として3月13日、6月5日を発表。「日系政治家は今からこの日を予約しておき、必ず出席して」と再度呼びかけた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コロナ禍=検査キット期限切れで大量廃棄?=感染再増加中に686万人分も=ICU占有率や死者数も急上昇2020年11月24日 《ブラジル》コロナ禍=検査キット期限切れで大量廃棄?=感染再増加中に686万人分も=ICU占有率や死者数も急上昇  【既報関連】新型コロナウイルスの感染者や死者が再び増えている中、サンパウロ州グアルーリョス市で保管されている新型コロナの検査キット686万人分が廃棄処分となる可能性があると22日付エスタード紙が報じた。  グアルーリョス市で保管中の検査キットは715万人分で、その9 […]
  • 東西南北2020年11月24日 東西南北  29日の市長選の決選投票を前に、影響力のある政治家たちが誰の支持表明をするかに注目が集まっている。21日、ひときわ目立つ応援例が見られた。それは元サンパウロ市市長のマルタ・スプリシー氏だ。この日、自らの票田だったサンパウロ市南部パレリェイロスに現れたマルタ氏は、法王専用車みた […]
  • ≪記者コラム≫本紙サイトの使い方とPDF版購読の薦め2020年11月24日 ≪記者コラム≫本紙サイトの使い方とPDF版購読の薦め  「10月になってから配達がひどくなった」「11月の新聞が一回も来ていない」「古新聞がまとめてドサッとくる」など、読者からの苦情の電話を毎日お聞きして、本当に心苦しい。サンパウロ市地域は本紙モトケイロが配達して回るから、変わらない。  だが、それ以外の地域の新聞配達を […]
  • JH=新機軸「日伯散策」12月6日=日伯所縁の地を歩いて巡る=125周年「生中継を視聴して」2020年11月24日 JH=新機軸「日伯散策」12月6日=日伯所縁の地を歩いて巡る=125周年「生中継を視聴して」  日伯外交樹立125周年を記念して、ジャパン・ハウス(エリック・クルッグ館長)は12月6日午前10時から「カミーニョス・ブラジル・ジャポン」(日伯散策)を開催する。サンパウロ市の日本移民や日本文化に所縁のある場所を歩いてたどりながら、それをオンライン(https://w […]
  • カンピーナス=野口英世胸像のプレート再設置=盗難受け、福島県人会再製作2020年11月24日 カンピーナス=野口英世胸像のプレート再設置=盗難受け、福島県人会再製作  ブラジル福島県人会(今井マリーナ由美会長)は、カンピ―ナス日伯文化協会(花田忠義会長)とサンパウロ州カンピーナス市役所協力のもと、野口英世胸像に青銅鋳物プレートを再設置した。  数年前にこのプレートは盗難避難に遭っていた。永山八郎県人会前会長の強い要請を受けて、20 […]