ホーム | 日系社会ニュース | ブラジル和牛の実態調査に=日本から研究者が来伯

ブラジル和牛の実態調査に=日本から研究者が来伯

飯崎氏、大呂さん、今井さん、植西さん

 学校法人酪農学園フィールド教育研究センターの副センター長を務める今井敬さん(いまい・けい、57、北海道在住)、大分大学経済学部教授の大呂興平さん(おおろ・こうへい、42、大分県在住)が、ブラジル国産和牛に関する調査のため3日に来伯した。9日まで滞在し、ブラジル和牛生産者協会の協力の下、サンパウロ州内の食肉処理場や牧場、品評会を視察した。
 同協会の飯崎貞雄名誉会長(78、北海道出身)、植西暁ロジェリオさん(57、二世)と、今井、大呂両氏の4人に対し、9日に話を聞いた。
 今井、大呂両氏は日本国外で外国産和牛が普及してきている昨今の情勢を踏まえ、ブラジル国産和牛の生産方法、消費の動向を調べる目的で来伯した。
 飯崎氏によれば、ブラジル国内では現在約2億頭の牛が飼育され、うちブラジル国産和牛は6~7千頭。加えてブラジル国産和牛の条件を満たしているが、登録されていない牛が約3万頭いる。ブラジル国産和牛は国内で高級とされ、一般的な食料品店に並ぶことはあまりないという。
 大呂さんは「ブラジルでは体外受精などの先進技術を使って、和牛を急速に増やそうとしている」と需要の高まりを見ている。「ブラジル肉牛界の主流は低コスト大量販売だが、和牛の導入をきっかけに商品価値を高めて販売する形を模索し始めている」と販売側の動きの変化にも言及した。
 今井さんは「ブラジルでは牛は放牧されているため、足腰が鍛えられ体型が日本と異なる。背中のラインも平らで良い。品評会でも好評価を得られやすく、1頭からとれる肉の量が多い」と日伯の違いを語った。
 帰国後は調査結果をまとめたレポートを作成予定。今井、大呂両氏はこれまでに欧米、オーストラリアなどでも同様の調査を行っている。大呂さんは「調査は研究が目的」としながらも、「海外の和牛産業に関する調査は、2000年頃から始まったばかり。オーストラリアなどで和牛の需要が高まってきており、今後の日本からの輸出拡大に向け、参考になるのでは」とも話した。


□関連コラム□大耳小耳

 ブラジル国産和牛に関する調査で来伯し、サンパウロ州内の食肉処理場など関連施設を視察した今井敬さんと大呂興平さん。日伯の様々な違いがあった中で、大呂さんは「日本に比べ牛肉処理が大ざっぱ。まだ肉が残っているものを廃棄していた」と明かした。現在のブラジルの主流である低コスト大量販売が原因か。今後和牛と共に「もったいない精神」も日本から取り入れたいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ証券市場=連日高値で11万P超える=外国直接投資も持ち返す?2020年11月26日 サンパウロ証券市場=連日高値で11万P超える=外国直接投資も持ち返す?  新型コロナウイルスに対する予防接種ワクチンの有効性に関する報告が続き、ワクチンの実用化への期待が高まった事や米国大統領選の票の数え直しでバイデン氏の勝利がより確実になって来た事などで、サンパウロ証券市場(B3)の指数が連日上昇し、11万ポイントを超えた。  24日の […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=感染拡大が5月水準に逆戻り=「第2波始まった」専門家見解も=予防接種関連審理も始まる2020年11月26日 《ブラジル》コロナ禍=感染拡大が5月水準に逆戻り=「第2波始まった」専門家見解も=予防接種関連審理も始まる  新型コロナウイルスの感染拡大傾向が強まり、英国のインペリアル・カレッジが算出する「実効再生産数(Rt)」が1・30に戻ったと24、25日付現地紙、サイトが報じた。  感染症流行下(感染拡大抑制努力を実施中または抗体を持つ人が既にいる状態)で1人の患者が直接感染させ得 […]
  • 《サンパウロ州》高速道で41人死亡の大惨事=バスとトラックが衝突2020年11月26日 《サンパウロ州》高速道で41人死亡の大惨事=バスとトラックが衝突  サンパウロ州内陸部の高速道でトラックとバスが衝突事故を起こし、41人が死亡した。州内高速道の事故としては今年最多の死者を出す大惨事となった。25日付伯字紙が報じている。  事故が発生したのは25日午前6時50分頃、タグアイーとタクアリトゥーバの間にあるアヴァレー付近 […]
  • 東西南北2020年11月26日 東西南北  コロナウイルスの感染が再び拡大し、恐れられている今日この頃。25日付アゴラ紙によると、そうした状況にも関わらず、サンパウロ市内では夜間、バーやレストランでマスクもしないで人が密集している状況が見られるという。この現象は、10月10日に市がバーの営業を午後11時まで認めた頃から […]
  • 援協=与儀会長4年務め年内勇退=税田清七氏にバトン託す=医療機関で3位の高評価も2020年11月26日 援協=与儀会長4年務め年内勇退=税田清七氏にバトン託す=医療機関で3位の高評価も  10月24日にサンパウロ市のサンパウロ日伯援護協会本部ビル5階で評議会が行われ、2021年から22年度の理事会役員の単一シャッパが承認され、税田(さいた)パウロ清七(せいしち)氏が会長に就任することになった。税田新会長は援協理事会に23年間も所属し、うち6年間は副会長 […]