ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》20年市長選でDEMとPDTが協力か=重要3州都でシャッパとも=第3勢力狙うマイアとシロ=大統領選連立につながるか

《ブラジル》20年市長選でDEMとPDTが協力か=重要3州都でシャッパとも=第3勢力狙うマイアとシロ=大統領選連立につながるか

マイア下院議長(Luis Macedo/Câmara dos Deputados)

 来年の全国市長選で、ロドリゴ・マイア下院議長の民主党(DEM)と、18年大統領選3位のシロ・ゴメス氏の民主労働党(PDT)が、リオ市をはじめ、重要な市の市長選で共同戦線を張るという。

 16日付ヴァロール・エコノミコ紙が報じたところによると、DEMとPDTは来年の市長選でリオ市、バイア州サルバドール市、セアラー州フォルタレーザ市の3市でシャッパを組むことを画策しているという。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ