ホーム | Free | サントス強制退去の証言=その日何が起こったのか=(6)=事件から74年間の沈黙

サントス強制退去の証言=その日何が起こったのか=(6)=事件から74年間の沈黙

当山正雄さん

 サントス強制退去事件の当事者で存命の人は、ほとんどが当時子供だった。今回取材した中で、その時唯一大人だったのが、大正10年(1921年)生まれで、現在もサントスに住む当山正雄さん(98、玉城村(現南城市))だ。
 矍鑠とした姿で記憶力も良い。だが長いブラジル生活の中で、事件に話が及ぶと口が重くなる。落ち着かない様子で目線を外しながら、「この話はしたことがない」とポツリとこぼした。
 当山さんは10歳で渡伯し、1932年1月14日にサントス港に到着した。幼少時に移住し、戦争中は日本語が禁止だった関係で、今でもポルトガル語が会話の中心だ。
 事件当時は、それから12年経った22歳。自分以外の家族はサンパウロ州郊外で仕事をしていたため、叔父と一緒に住み、バス会社の修理工として生計を立てていた。
 「家に叔父と一緒に居た時に、警察官のような人が来て立ち退きを通達されたと思う。はっきりとは覚えていない」。遠い記憶をたどり、重く閉ざした箱をこじ開けるように、時折目を瞑る。
 通達を受けた当山さんは、とても混乱していた。覚えているのは、「荷造りする暇もなく、着の身着のままで家を出た。駅へは一人で向かった」ということだ。家財も金も何もかも家に置いて出た。

移住当時の当山正雄さん

 駅に到着すると、日本人や兵隊が大勢いた。しかし、日本人で集まるのが禁じられていたので、誰かと話す余裕もなかった。ただ、「マラぺという場所でウチナーンチュ(沖縄県人)が養豚業を営んでいたが、全て置いて逃げた」という事は覚えているという。
 この事件に強いショックを受けたが、それまで日常的な差別がなかったわけではない。「日本人で市場を作ろうとしたが、許可されず街灯の下の路上で売っていた」と語る。
 また、ブラジル人からは「ジャポン、ジャポン(日本)」とからかわれ、さらに「キンタコロナ」とも呼ばれていた。これは、連載4回目で比嘉ゆうせいさんが語った、第五列=スパイという意味だ。
 「スパイが通信している可能性もある」と、家にラジオは置いていけなかったという。なるべく存在を消すために、電灯の周りには空き缶を被せて、明かりが漏れないように過ごさせられた。
 これらの記憶は、宮城あきらさんによる『群星(むりぶし)』の取材の時に初めて話した。あまりに辛い出来事だったためか、記憶に蓋をし続けていた。幸せだった頃の話を挟みながら、「苦労話はしたくないんだ」と繰り返す。
 戦後の1947年、サントスに戻ると、自分たちの家だった場所には、ブラジル人が住み着き、財産全てを失った。養豚もしていたが、豚一匹もいなかった。夜空の月を眺めると、つうっと悔し涙が流れた。
 「収容所では床いっぱいに日本人が寝ていたんだ。あれはとても悲しい時期だった」。当山さんはそう呟くと、口を噤んだ(つづく、有馬亜季子記者)。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 特別寄稿=28日は市長の決戦投票日=成るか左翼の政権奪還=サンパウロ市在住  駒形秀雄2020年11月25日 特別寄稿=28日は市長の決戦投票日=成るか左翼の政権奪還=サンパウロ市在住  駒形秀雄  今週末28日(日曜日)には、サンパウロ市を含む全国の市長を決める決戦(第二次)投票が行われます。  「何だ、たかが地方の市長選挙か」と侮ってはいけません。  サンパウロ市の場合、800万人の有権者が参加する大選挙なのです。  選挙前の予想を覆して現在、決選投票に残ったの […]
  • 本村末廣氏子孫の消息求む2020年11月24日 本村末廣氏子孫の消息求む  小川和久氏(静岡県立大学特任教授)は、母親・フサノさんの伝記執筆を考えており、そのために母親と共に移住した本村末廣氏(もとむら・すえひろ、熊本県出身)の消息情報や子孫の連絡先を探している。  小川氏の母・フサノさんは親戚の本村さん夫妻と、1917年4月20日日本発、6月15 […]
  • 東西南北2020年11月14日 東西南北  明日15日はいよいよ統一地方選の投票日だ。投票所に人が群がることでコロナウイルスの感染を気にする人も少なくはないだろう。だが、選挙高裁はすでに「コロナ禍を恐れることは、国民の投票義務回避の理由にはならない」との見解を示している。選挙当日、発熱その他のコロナの兆候を示すものがあ […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第73話2020年11月12日 中島宏著『クリスト・レイ』第73話  この平野植民地は、第一回移民の時に通訳として移民たちと共に現場であるブラジル人農場に入り、彼らと苦労を共にした平野運平という人物が、独立自営の集団植民地として開拓を始めた所である。  笠戸丸で、集団としての日本人移民たちが初めてサントス港に着いたのは、一九0八年の六月一八日 […]