2020年11月7日の記事一覧

《ブラジル》国家公務員は収束後もテレワーク希望=従来どおりに戻るべきは5%

在宅勤務の一コマ(Marcelo Camargo/Agencia brasil)  国立公共管理学校(Enap)が8~9月に実施した調査によって、大半の公務員は、新型コロナウイルスのパンデミック収束後もテレワークを認めるよう願っている事がわかった。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録は ...

続きを読む »

《リオ州》ヴィッツェル知事の罷免審理継続を決定=「起訴内容に疑問の余地なし」

5日の合同特別法廷の様子(5日付G1サイトの記事の一部)  リオ州地裁と同州議会の合同特別法廷が5日、更迭中のヴィッツェル知事の罷免審理の継続と減給、公邸からの追放を決めた。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

《大統領長男》幽霊職員給与キックバック疑惑の中心は現側近?=容疑者の一人がすでに検察に自供

【既報関連】リオ州検察局が3日にボルソナロ大統領長男のフラヴィオ上議をラシャジーニャ疑惑で起訴した。同時に起訴された側近のミゲル・アンジェロ・ブラガ・グリーロ氏が、疑惑実行の中心的役割を担っていたとの見解を検察側が明らかにした。元職員女性が幽霊職員だったことを認め、給料の9割をファブリシオ・ケイロス容疑者に払っていたとリオ州検察 ...

続きを読む »

《ブラジル》小学2年の識字教育に黄信号=27%が3音節単語を書けず=8段階で1以下の子供も

Saebの結果について報じたエスタード紙の記事  教育省と国立教育研究院(Inep)が4日に発表した基礎教育評価システム(Saeb)の結果によると、小学2年生の4人に1人は3音節の単語を書き取れなかったと4、5日付現地紙、サイトが報じた。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みです ...

続きを読む »

《ブラジル北部》州の9割が大停電=予備設備も故障、復旧に15日か

 アマパー州で3日から大停電が起き、6日現在も復旧しない混乱状態のため、15日に行われる市長・市議選に影響しかねない事態になっていると、6日付現地紙、サイトなどが報じている。  アマパー州での停電は3日の夜に発生した。原因はこの日の20時台に、州都のマカパー市北部にあり、州内全域に電気を送る変電所で起きた火災によって、変電所内部 ...

続きを読む »

《ボリビア》アルセ新大統領に爆弾攻撃=党本部で、就任式の3日前に

 10月に行われたボリビアの大統領選で当選を果たしたアルセ氏が爆弾テロに遭ったことがわかった。6日付伯字紙サイトが報じている。  アルセ氏が所属する政党・社会運動(MAS)によると、アルセ氏が5日に首都ラパスにある同党本部で、同党幹部らと共に政府の今後などについての会議を行っていた際、何者かが党本部をダイナマイトで攻撃したという ...

続きを読む »

《ブラジル》自動車生産が7・4%増加=それでも今年は38%の減産

自動車生産の現場の様子(Foto: General Motors do Brasil – (Arquivo) )  全国自動車工業会(Anfavea)が6日、10月の生産台数は9月比で7・4%増の23万6468台だったと発表したと同日付ニュースサイトが報じた。10月の生産台数は昨年同月比で18%少なく、今年の累積生産台数は、昨年 ...

続きを読む »

東西南北

 米国大統領選はジョー・バイデン氏が選挙人の過半数を獲得との見通しが強まったが、それを認めたくないトランプ大統領の抵抗ぶりが国際的にも大きな話題となった。5日夜には「バイデン氏側に明らかな不正がある」と記者会見を開き、「正当な票だけなら楽勝」と語ったものの、米国の3大テレビ局はいずれも、「証拠がないのに不正を主張」とテロップを出 ...

続きを読む »

【特集】本門佛立宗=茨木日水上人50回忌法要=ブラジル仏教初祖に認定=オンラインで日伯繋ぎ厳粛に=京都本山とリンス大宣寺で

 【既報関連】11月1日午前8時から、サンパウロ州リンス市のブラジル本門佛立宗大宣寺(高崎日現ブラジル教区長)と京都の本門佛立宗本山・宥清寺(髙須日良上人)をオンラインで繋ぎ、「茨木日水上人(茨木現樹師)50回忌法要」が3時間にわたって厳粛に勤修された。この法要は当初、日本全国から僧侶と信者80人を招き、国内参加者を含む約120 ...

続きを読む »

《記者の眼》=死者の日に君塚大使を想う=移民の恩人の墓を誰に託すか

君塚大使(砂古友久さん撮影)

 「恩人の墓の後事を託したい」—-そんな内容の投書が本紙10月27日付け3面読者投稿欄『ぷらっさ』に掲載された。筆者は砂古友久さん(91)。戦後初の駐ブラジル大使、君塚慎(1891~1956年)の私設秘書を務めて公私共に支えた人物だ。実際、君塚大使の墓石を訪ねて様子を覗いてみた。 【無料朝刊サービス登録】PDF版への ...

続きを読む »