ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 12日付現地紙によると、サンパウロ市やサンパウロ大都市圏100カ所以上で、犯罪集団の州都第一コマンド(PCC)が公有地も含めた土地に不法侵入し、住宅を建てた上、高利で違法売買していたことなどが明らかになったという。不法分譲地は、サンパウロ市南部のグアラピランガ湖付近など、至るところに存在する。最近は、リオ市西部のファヴェーラを支配しているミリシアが不動産の違法建築や違法売買などを行い、話題になっているが、サンパウロ市でも似たようなことが起きている。同様の動きは以前からあったが、近年はPCCが組織的に介入しはじめたという。不法侵入地では森林伐採なども行われているというから、さらに気になるところ。
     ◎
 「ルーザ」の愛称で知られるサンパウロ市のサッカー・クラブ、ポルトゥゲーザが今年8月で創立100周年を迎える。だが、その記念すべき年、同クラブは巨額の借金を抱え、現在は全国選手権の4部からも外れる惨状となっている。13日付アゴラ紙では、アントニオ・カルロス・カスタニェイラ現会長の再起にかける思いを独占取材。財政再建を中心としたクラブ再建の抱負を語っている。サンパウロ市地下鉄1号線の傍らのスタジアムを再びファンが埋める日を待ちたい。
     ◎
 11日、サンパウロ市地下鉄1号線のセー駅で、31歳の路上生活者の男性が、約20メートル下の床に落下する事故が起きた。命にこそ別状はなかったが、男性はヴェルゲイロ病院に運ばれて、入院中だ。サンパウロ州保安局が調べたところによると、男性は高さ10メートルの壁を登った後、バランスを崩し、明り取りの窓から床まで落ちたという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年12月21日 東西南北  今年もあと2週間を切ったが、サンパウロ市民にとって年明けに気がかりなことの一つはバス代の値上げだ。昨年は3・8レアルから4レアル、今年も4レアルから4・3レアルに値上がりしており、来年はいくら上がるかとビクビクしている人もいるが、アゴラ紙によると、市は0・10レアルの値上げ、 […]
  • 東西南北2019年11月30日 東西南北  ボウソナロ大統領と三男エドァウルド下議が、今度は世界的俳優レオナルド・ディカプリオに噛み付いた。それは彼が協力している世界的な環境団体WWFが、パラー州の火災を起こした容疑で逮捕された非政府団体ブリガーダ・デ・アウテル・ド・ションに不正な形の資金援助を行っていた疑いが出たから […]
  • 東西南北2019年12月19日 東西南北  ボウソナロ大統領長男フラヴィオ氏の元職員で疑惑の主のファブリシオ・ケイロス氏への捜査が再開された。その一方で、最高裁は、連邦検察庁から要請が出ていた、昨年3月のマリエレ・フランコ元リオ市議殺人事件に関する証拠隠滅容疑でのボウソナロ大統領と次男カルロス氏への捜査をお蔵入りさせた […]
  • 東西南北2019年10月29日 東西南北  このところ、南米で新自由主義経済に対する左派集団の逆襲が目立つ。27日の選挙でもそれは明らかだった。アルゼンチンでは大統領に当選したフェルナンデス氏の陣営が手でLの字を作ってルーラ元大統領の釈放を求め、かねてから舌戦を交わしていたボウソナロ大統領を挑発した。また、コロンビアの […]
  • 東西南北2019年11月7日 東西南北  下院のフェイクニュースCPIで5日、「ネットで攻撃されて被害にあった」と、ジョイセ・ハッセルマン下議が涙で訴えたことが話題となっている。ジョイセ氏は、その体型を漫画のキャラクターになぞらえて「ペッパ・ピッグ」などと集中的に攻撃されていたことが10月にも話題になっていた。ただ、 […]