ホーム | 日系社会ニュース | 沖縄移民研究塾=『群星』5号、合評会2月1日=節目記念して内容盛りだくさん

沖縄移民研究塾=『群星』5号、合評会2月1日=節目記念して内容盛りだくさん

来社した高安さん、宮城さん、嶺井さん

来社した高安さん、宮城さん、嶺井さん

 ブラジル沖縄県人移民研究塾(宮城あきら塾長)が発行する同人誌『群星(むりぶし)』第5号が昨年10月に刊行された。日本語・ポルトガル語の両語。本紙編集部やブラジル沖縄県人会本部にて無料配布中だ。

 節目となる第5号の発刊記念として、宮城編集長への特別インタビューを掲載。塾創立から5年が経ったことを受け、これまでの内容の成果を総括しつつ、今後の方向性を模索している。

 「埋もれた歴史の発見」では、高良アレシャンドレさんによる「忘れがちな歴史の一幕」を掲載。若い頃に沖縄社会から抜け出し、ブラジル社会で活躍した二世が、70歳を越えてから沖縄社会へ回帰した心境を描いた興味深い文章だ。

 「私の意見と提言」の項では、移住者なら一度は考えたことがあるであろう「ニッケイであること」、「日系アイデンティティ」についての意見が次々に述べられ、読み手に考えさせる。

 「ウチナーンチュ企業家探報記」では、ボリビアから企業使節団が来伯し、ビラカロンで最も成功したうちの一人である照屋勇さんの事業を視察した時について描かれている。そのほか、盛りだくさんの内容だ。

 宮城塾長、高安宏治さん、嶺井由規さんは「『群星』を読んだ人から『涙が出た』という声を頂いたり、無料配布だが寄付をくださる人もいてありがたい。今後も新しい試みを色々と行っていきたい」と意欲を語っている。

 今号の感想や批評を言い合う「合評会」が来月1日(土)午後2時から沖縄県人会本部(R. Dr. Tomaz de Lima, 72)の2階会議室で行われる。当日は沖縄芸能のショーやドキュメンタリー映画の鑑賞会も合わせて開催する。

 問い合わせは同県人会(11・3106・8823)まで。

 

 

□大耳小耳□関連コラム

    ◎

 ブラジル沖縄県人移民研究塾の宮城あきら塾長は、今年初めにNHK国際放送で流されたサントス強制退去事件を扱った番組『語られなかった強制退去事件』に出演していた。放送の反響は大きく、「大勢の方から『見たよ』と声をかけられて驚いた」とのこと。次に発刊する第6号でも強制退去者の証言を引き続き掲載するために、今も調査を行っている最中だという。連邦政府への謝罪要求運動も継続中。本紙でも引き続き報道していく予定なので、沖縄系以外の方でも強制退去させられた経験を持つ人がいたら、ぜひ編集部(11・3340・6060、有馬、深沢)まで連絡を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 憩の園=入場券売り切れで2回公演に=歌と芝居で魅せる移民ショー2020年1月30日 憩の園=入場券売り切れで2回公演に=歌と芝居で魅せる移民ショー  「公演3週間前に入場券が売り切れました。まったく予想外です。特別に同日午後4時から2度目の公演をやることになりましたが、40%はもう売れました。これ以上は公演を増やせません。ショーを見たい方は早めに事務所でチケットを手に入れてください」――社会福祉法人「救済会」(佐藤 […]
  • そろそろ「日系7団体」にしては?2020年3月10日 そろそろ「日系7団体」にしては?  毎年の新年祝賀会に始まり、昨年4月には「新天皇ご即位・新元号『令和』祝賀晩餐会」、今年2月には天皇陛下の還暦を祝ってサンパウロ市立劇場で盛大に行われた天皇陛下誕生日祝賀会など、日本との繋がり深い大事な行事は「日系5団体」が申し合わせて計画する。  この5団体は、言う […]
  • 特別寄稿=日系社会存続のためのヴィジョン22(22世紀に向かって)=日系社会の戦略的再構築・統合のための提言=サンパウロ市在住 足立操2020年7月9日 特別寄稿=日系社会存続のためのヴィジョン22(22世紀に向かって)=日系社会の戦略的再構築・統合のための提言=サンパウロ市在住 足立操 ①日系社会の現状と問題点 1.「今、日系社会の存続が危うい!」。こう言うと「何をそんなバカな!」と思われる方が多数おられると思います。  しかしながら、日系社会の現実を冷静に見つめ直すとリアルに日系社会の存続の危うさが浮かび上がってきます。みなさんの周りの身近にある […]
  • 1959年あめりか丸同船者会が中止に2020年4月3日 1959年あめりか丸同船者会が中止に  毎年4月に行われている「1959年あめりか丸同船者会」(世話役羽鳥慎一)が、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止することになった。  当紙を通じて発表するにあたり世話役の羽鳥さんは「皆様には誠に残念なお知らせですが、中止が余儀なくされました」と声を落としつつも […]
  • 第63回パウリスタ・スポーツ賞=「苦難乗り越え、今日の活躍」=19種目から25人が受賞2019年8月21日 第63回パウリスタ・スポーツ賞=「苦難乗り越え、今日の活躍」=19種目から25人が受賞  ニッケイ新聞主催の『第63回パウリスタ・スポーツ賞』の贈呈式が今月9日、サンパウロ市議会の貴賓室で盛大に開催された。戦後の勝ち負け抗争で二分された日系社会において、スポーツ振興を通じて融和を図る目的で創設された同賞。今年は19部門から25人が受賞し、家族や友人らも合わ […]