ホーム | 日系社会ニュース | 石川レナト氏に名誉市民章=12日に文協大講堂で授与式

石川レナト氏に名誉市民章=12日に文協大講堂で授与式

石川レナト氏

 ブラジル日本文化福祉協会会長およびサンタクルス病院理事長を務める石川レナト氏が、サンパウロ市議会から名誉市民章を授与されることになった。野村アウレリオ市議の提案。

 2月12日(水)午後7時半から文協大講堂で授与式が行われる。当日は招待客のみ。招待状を受け取った人は2月3日までに、担当(valeria@cnl.com.br)まで出欠の連絡を。

 石川氏はサンパウロ州地方部のパラグアス・パウリスタ生まれ。子供に高等教育を受けさせるために、家族は1950年に出聖し、石川氏はマッキンゼー大学工学部を卒業。

 技術畑を歩み、NEC・ド・ブラジル社で社長まで勤め上げた。退職後は、不動産開発などを手がけるCNL社の社長をする傍ら、コーヒー生産や牛生産をするアリアンサ農場を買って経営建て直しを図った。

 1997年からサンタクルス病院の理事になり、2012年から理事長。昨年には文協会長にも選ばれている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で(10)=医療皆無の戦前日本人集団地2020年7月17日 日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で(10)=医療皆無の戦前日本人集団地  野口英世が米国に戻ってすぐ、同24年に「同仁会」という日本人医師会が組織された。日系医療・福祉団体の始まりだ。  それが中心になって全移民の悲願として日本病院(現サンタクルス病院)の建設計画が1930年代に進められ、今から81年前、1939年4月29日に落成式が行わ […]
  • 石川レナト氏がサンパウロ名誉市民章=「社会のために尽くしたい」=文協大講堂で盛大に授与式2020年2月21日 石川レナト氏がサンパウロ名誉市民章=「社会のために尽くしたい」=文協大講堂で盛大に授与式  ブラジル日本文化福祉協会の会長及びサンタクルス(SC)病院の理事長を務める石川レナト氏(81、二世)のサンパウロ名誉市民章授与式が、今月12日夜に文協大講堂で開催され、約500人が祝いに駆けつけた。野村アウレリオ・サンパウロ市議が推薦した。  来賓の野口泰在サンパウ […]
  • コロニア10大ニュース=1位はアマゾン移住90周年=平成から令和へ日系社会も祝賀2019年12月27日 コロニア10大ニュース=1位はアマゾン移住90周年=平成から令和へ日系社会も祝賀  今年の日系社会で大きな節目だったのは、アマゾン日本人移住90周年だ。現地からの声を、今年後半、本紙ではできる限り紙面に掲載した。9位にある通り、県人会や各日系団体の周年行事も多かった。6位の「日本語教育推進法」は新年から実施され、その効果の程がいよいよ判明する。母県から助けて […]
  • 【サンタクルス病院開院80周年祝う】永田筑波大学長ら9人来伯=サンパウロ市議会が記念顕彰2019年7月2日 【サンタクルス病院開院80周年祝う】永田筑波大学長ら9人来伯=サンパウロ市議会が記念顕彰  在ブラジル日本人同仁会が1939年4月29日に落成し、「日本病院」として親しまれたサンタクルス病院(石川レナト理事長)。その開院80周年記念事業が6月1日から5日までの5日間開催された。1日には日本から筑波大学、今川医療福祉グループ、現地のサンパウロ州総合大学(USP […]
  • ■訃報■ 安永忠邦さん2020年10月24日 ■訃報■ 安永忠邦さん  “移民の父”上塚周平を知る最期の生き証人、安永忠邦さん(二世)が23日12時に聖州プロミッソン市の自宅で老衰のために亡くなった。「上塚植民地」と言われた当時に、プロミッソンの自宅農園で生まれ育ち、そこで99歳の生涯を全うした。  戦時中に枢軸国移民が「敵性国民」と弾圧される […]