ホーム | 日系社会ニュース | 第3回演奏会を15日=ピニェイロス女声合唱団

第3回演奏会を15日=ピニェイロス女声合唱団

来社した松本さん、古川代表

 ピニェイロス女声合唱団(古川恵子代表)の「第3回演奏会」が15日(土)午後3時半から、サンパウロ市ピニェイロス区の聖ヨハネ教会(Rua Coropé, 108)で開催される。入場無料。同教会はメトロ・ファリア・リマ駅から徒歩5分、大竹富江ビル隣りにある。

 同合唱団は、宮島紀子さんを指導者に活動している。3度目となる本演奏会の第1部では、宮原禎次が作曲した4曲を発表。古川代表は、曲について「優しく心が和む音色」と語る。

 さらに宮島さんが学生時代に同期生と作曲した3曲も発表。題名の「Vocalise」(歌詞を伴わずに母音のみで歌う歌唱法)の通り、歌詞の無い旋律を歌い、第1部が終了となる。

 ピアニストのアドリアナ・ゲッソさんと宮島さんによるモーツァルト「魔笛・序曲」の連弾曲を挟み、第2部が始まる。

 第2部では「夏のメドレー」と題し、夏をテーマにした「茶つみ」「お星さま」「海」などの童謡10曲を発表。最後はシャンソン曲「ラ・メール」で閉会となる。

 古川代表と松本乃里子さんは、「宮島先生がとても楽しくレッスンをしてくれ、メンバーと楽しく歌っています。ぜひ聞きに来てください」と来場を呼びかけた。

 なお、同合唱団は新メンバーを募集している。隔週火曜日午後1時15分から2時間、聖ヨハネ教会の地下で練習している。古川代表は「歌が好きな方、一度見に来て下さい」と呼びかけている。問合せは古川代表(11・3812・3131)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《リオ州》4月は3度目の人口減少月に=パンデミックで様相に変化2021年5月7日 《リオ州》4月は3度目の人口減少月に=パンデミックで様相に変化  新型コロナ感染症などによる死者の増加やパンデミックで妊娠を控える人達が出ている事などにより、リオ州では4月にパンデミック下で3度目となる人口減少が起きたと同日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。  リオ州自然人登録者協会(Arpen―RJ)によると、4月に同州で発 […]
  • 《ブラジル》大統領が自ら中国陰謀論 ウイルス兵器説を会見で 前外相、経済相らに続いて2021年5月7日 《ブラジル》大統領が自ら中国陰謀論 ウイルス兵器説を会見で 前外相、経済相らに続いて  ボルソナロ大統領が5日に行った、コロナウイルスは中国の陰謀との論をほのめかすような物言いが、中国からの原材料輸入に頼っているワクチンのコロナバックの調達を遅らせるとの懸念を生んでいる。5、6日付現地紙、サイトが報じている。  ボルソナロ大統領の問題発言が行われたのは […]
  • 東西南北2021年5月7日 東西南北  人気コメディアン、パウロ・グスターヴォのコロナ死は国民に強いショックを与えており、いまだに話題が絶えない。アゴラ紙などが報じたところによると、パウロは生前コロナ対策のために、判明しているだけで130万レアルの寄付を行っていたという。たとえば、昨年4月にバイア州の保健機関への5 […]
  • 特別寄稿=白い黄金を求めて=ブラジル綿花の歴史と日本人綿作者=櫻井章生(さくらいあきふ)=《1》2021年5月7日 特別寄稿=白い黄金を求めて=ブラジル綿花の歴史と日本人綿作者=櫻井章生(さくらいあきふ)=《1》  はじめに  初期の日本人移住者はコーヒー園労働者としてはるばる日本よりやってきた。ところが期待していたような稼ぎは得られず、生活は楽にならない。  そこでいろいろ考えて何とか現金収入を得ることを考えたり、コーヒー農場の片隅に自家消費用の食糧を生産したりして、家計の足しにす […]
  • 県連総会=市川体制2年目、役員改変=日本祭りは協議を継続中2021年5月7日 県連総会=市川体制2年目、役員改変=日本祭りは協議を継続中  ブラジル日本都道府県人会連合会(市川利雄会長)は、3月25日18時から「3月度代表者会議」並びに「第55回定期総会」をオンラインアプリ「ZOOM」で行い、各県人会代表者や役員50人が参加、ポルトガル語を中心に開催され、日本祭りは会場運営会社と協議継続中であることに加え […]