ホーム | ブラジル・グルメ(2020年) | ウィーン名物シュトュルーデルならここ!=「ドッサリア・フィスシェール」(Doçaria Fischer)

ウィーン名物シュトュルーデルならここ!=「ドッサリア・フィスシェール」(Doçaria Fischer)

ウィーン名物「アプフェルシュトュルーデル(Apfelstrudel)」

 ウィーン名物「アプフェルシュトュルーデル(Apfelstrudel)」をサンパウロで食べるなら、ここ! メトロのアウト・ド・イピランガ駅横のケーキ屋「フィスシェール」だ。ブラジル名「Bolo de Maca com Nozes」で売っている。

 「シュトュルーデル(strudel)」とは、極薄に伸ばしたパイのこと。それで、甘く煮たリンゴをクルクルと巻いて包んで焼き上げたものだ。リンゴは甘さ控えめで、パイ生地がとても味わい深い。

 頼めば、生クリームを横にのせてくれる。上品で美味しいオーストリア名物のアップルパイだ。店内で一切れ味見しながらコーヒーも楽しめる。

 バナナとカスターニャ・ド・パラーで作ったブラジル風シュトュルーデルも。一本丸ごとで29・90レアル。

 ほかにドイツ菓子パン「シュトレン」(Stollen)も。酵母の入った生地にレーズンとレモンピール、ナッツを練り込んで焼き上げたケーキに粉砂糖をまぶしたもの。

フィスシェールさんの肩には国旗二つ、正面の上部には家紋

 というのも店主アルフレッド・フィスシェールさんはオーストリア系二世。父がスイスやドイツとの国境の町ブレゲンツ出身。19歳で第2次大戦に出兵した父は、終戦直後の1946年、荒廃した祖国に見切りをつけ、同胞がいるブラジルへ来た。

 祖国で学んだケーキを作る技術を活かして、父が62年6月にこの店を創業、それを79年から引き継いだ。だから本場オーストリア仕込みの味が楽しめる。

 他にいちごケーキ、ミルフィーユ、ハンガリー風カラメル・ケーキ、ナッツいりクリーム・エクレア、チョコレート・エクレアなど27種類のケーキ類も。コシーニャなどのサウガード類は18種類。ベジタリアン用のパウミットやジャッカのコシーニャも。聖市内であれば配達もする。

 「ボクは甘さ控えめが好き。でもお客さんの好みに合わせて作る。1、2日前に注文してくれれば特注ケーキを作れる」とフィスシェールさん。

 コック服の肩にはオーストリアとブラジルの国旗が小さく並び、店内の入り口右側の壁には父の故郷ブレゲンツを描いた油絵、正面上部にはフィスシェール家の家紋が鈍い光を放っていた。移民の誇りとこだわりが味に込められている。(2020年2月7日付ページより再掲載)

店員全員と記念写真

Doçaria Fischer


Eleita pela revista Confeitaria Brasil as 100 Melhores Confeitarias do Brasil 2013

Av. Dr. Gentil de Moura, 254 – Ipiranga, São Paulo – SP, 04178-000
(11) 5062-9984

fischerdoceria@hotmail.com

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 462歳のサンパウロ=元市民が恋する名物食は?2016年1月27日 462歳のサンパウロ=元市民が恋する名物食は?  25日はサンパウロ創立462周年だったが、同日付アゴラ紙は、サンパウロ市出身者で市外、あるいは他州へ引っ越した元市民に、「サンパウロの何を恋しく感じるか」を聞いてみた。 それによると、目立った答えは「24時間眠らない町」であることと、「食の豊かさ」だった。 サンパウロは世界で […]
  • ビラード・ア・アパウリスタのようなバンデハ・パイサ2014年6月20日 W杯特集「戦うにはまず敵を知れ!」 コロンビア料理『Guanahani』  25日にクイアバで対戦するのは、南米予選を2位で突破し4大会ぶりのW杯出場となる強敵コロンビア。この試合で決勝リーグ進出かどうかを決める、天下分け目の一戦になる可能性が高い相手だ。 人口・経済ともに堂々南米3位、有数のコーヒー産地でもあるが、内戦、コカイン、殺人…など危険 […]
  • コロナ禍でも商売開始!!=シリア移民が携帯電話雑貨店2021年1月7日 コロナ禍でも商売開始!!=シリア移民が携帯電話雑貨店  昨年10月29日、携帯電話の備品やその他小間物雑貨を販売する『ブラジシリオ(BRASISIRIO)』(Rua Onze de […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第100話2021年1月6日 中島宏著『クリスト・レイ』第100話  ブラジルの主要な輸出製品であるコーヒーの輸出が、それまでには見られなかったほどの減少ぶりを示し、一度に売れなくなってしまった。さらには、砂糖、とうもろこし、綿、牛肉といった輸出の牽引役ともなっていた農産物のすべてが、同じように総崩れになっていった。  一九二0年代の後半には […]
  • 自分史寄稿=「移り来て六十年」=サンパウロ市在住 村上佳和2020年12月24日 自分史寄稿=「移り来て六十年」=サンパウロ市在住 村上佳和  戦前移民19万人、戦後移民6万人とか7万人と言われる。日系190万人、海外最大の日系社会である。1957年から1962年の5年間が戦後移住者のピークで、1964年の東京オリンピックを機に日本は高度経済成長期に入って移住者が激減し、新しく移住してくる人が途切れて50年。戦後青年 […]